鎌倉 美容室 仁


火曜日定休、0467(22)8880留守の場合は 7コールで携帯に転送されます、
by jinkamakura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

早速 お直しの持ち込み

ミシンを使えない人からしてみたら、
(まさか これは直せないないだろ~な)という悲観的タイプと、
(何でも直せるんだ~wやった~w)という楽観的なタイプと、
女房は(はなっから解ってましたけど)典型的な後者のタイプです。

物色してるのは 薄々感じてましたが、
笑顔で ガンガン 直しの服を持ってきます、
中には スカートの後ろのボタンに掛けるゴムが切れたのとか、、、
(それ ミシン関係ネ~だろ、手縫いだろーが)、

今回難易度高かったのは、ウエスト詰め、(デニム生地)
ご丁寧に 後ろ中心にベルト通し付いてるし、、、
ま、難易度高い方が リハビリになるし(呆けのじゃなくって ミシンのですよ)
一気に勘戻せるし、いいっちゃいいんだけどね、(上手く使われて かれこれ何年になるのやら)
お店にお直し依頼したら 結構なお値段になる と思えば、
出来る自分 かなりドヤ顔だったと思います。
一家に一人居たら嬉しい、 俺(もう お母さんと言っても、、、) 何ポイント取れてます?

合皮(安っぽい合皮)って ビニールっぽい素材で、
ミシンで縫う場合 専用の押さえが必要なのですが、
工夫して 代用で何とかするのも ネットで検索すれば色々あります、
今後も頻繁に扱う素材なら、専用の押さえを買うつもりですが、
色々調べてるうちに、滑る という事に工夫をしてるので、
結果、ベビーパウダー&オーブンシート。
大体 この記事読んでる方で ミシン使わない方には はなっから意味解らない事だらけで、
興味無かったでしょう、
申し訳ございませんが、 ミシン使う派の方には この発想は ウケるんです。
いい歳した男に 遊び道具がやって来た!んだから 
水を得た魚 的なテンションです
[PR]
# by jinkamakura | 2017-09-04 17:03 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

超が付く 頭の体操

ミシンの話が続いてすみません、

当時は ステージ衣装なんかをメンバーの分も作ってたものです、
自己流ですが、ジャケットぐらいは作ってたんです、

勘が戻るも何も、、、
ミシン自体は 今どきの物なので 初心者でも扱える様 設計されてますから、
扱うのは(当時より)楽だと思います、

問題は、縫う順番。
全て逆算して 縫わなければならないのは工程の中で基本なのですが、
これが 超難易度の高いパズルの様なもので、
内側にポケット一つ付けるにしても、
裏地に最初に縫い付けてから、
裏地と表地を重ねて縫う段階までに あらゆる箇所の確認をして、、、とか
生地二枚縫っただけならやり直しもききますが、
返し縫い同士を重ねて縫った なんて箇所は もうやり直しききません。

これは 料理なんかより ずっと難関な 逆算パズルです。
この勘は 今もうすっかりリセットされてました。
さーて、、、縫う時間の数倍時間のかかる このパズル、
実は こーゆーの 大好きなんです、
手を動かす前に シミュレーション完璧タイプなので、

今のところ 縫い直しも含め 一日の成果は 平均して
芯をアイロンする(数十センチ)
ポケットにする生地の口部分(数センチ)を縫う
縫い代の線をチャコペンで書く
アイデアを絵に描く、、、

箇条書きにしてますが、一行が一日の成果です。
こんなんで すでに 一週間経ってます、、、w
大人が時間かけてプラモデルを本格的に作るのと一緒かもね、

ちなにみ
すでに 女房は 服の直しを企んでいる様子ですが、
糸は自分で買ってきてね、(一々生地の写メ撮って お店で照らし合わせるの面倒だから)
[PR]
# by jinkamakura | 2017-09-01 19:47 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

30年ぶりにミシンを買い替えました

私が最初に使った時のミシンは母の愛用していた物で、
母は 生活に必要な物に関しては 投資 をするタイプだったと 今になって解ります、
ミシンもその一つで、
身の周りの物 結構手作りが多かった記憶があります、
恐らく 技術と道具があれば 安く しかも自分の気に入った物を作れる と、
解釈によっては、自分が欲しい物を探すなら 作ったほうがいい(その為には作る技量が必要)

子供の頃から知らずのうちに 影響されてたんでしょうね、
思いっきり引き継いでます!そのクリエイティヴ感。

ってな訳で本題ですが、
最後に使ったのは10年前、(一応電動ではありますが 古いタイプのミシンで)

30年も経つと 驚くほど進化していたのです、
ボビンケース要らない、(ボビンは100均で売ってる)
自動糸通し機能、
上糸 下糸のテンションは ダイアル調整、
軽い 小さい 静か フットペダル小さい。

初心者用って 上級者からしたら 機能が物足りないと思うかもしれませんが。
上級者は 器量がフォローしますので、
2万クラスのミシンでも十分使えます、
(ボタンホール押さえは付属してたけど、ファスナー押さえ(片押さえ)が付いて無かった)
レヴェル的に例えると、圧力鍋とか 炊飯器とか 電動ドライバー120点セットとか 並みの
ハマり度かなり高いアイテムが わが家にやって来た訳なので、
依頼されてた女房のワンピースの裾上げはチャチャっと済まし、
今 自分用にボディバック作成中です、
f0176945_20101252.jpg

一部屋潰すのは 仕方ありません、洋裁はそういうものです、
左の緑の生地は 試作です、
要らない生地で一度作ってみて試行錯誤してみます、
上のジェラルミンケースは メタル使用関係、
スタッズや 要らなくなった洋服を捨てる際に 金具やファスナーなんかを取って保存してます。
今 作ってるのは ボディバッグと言って、
自転車用の斜め掛けバッグです。
表地はフェイクレザーで(スワニーは常連なのですw) 
裏地は要らない生地で補強と 探し物が見つかり易い様な色にと思って(御覧の赤(しかもさらに裏地))。
時間かかると思いますけど、完成したら 見てください。
[PR]
# by jinkamakura | 2017-08-30 22:02 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

かき揚げ 楽しくなってきた

職人のアドバイスで、
揚げ物の最適な油の温度(170度)は一般家庭で揚げる場合の温度で
お店では大きなフライヤー(油数十リットル)なので、
食材を入れても温度が下がらない、
よって、本当の理想的な温度は 160度、 らしいんです。

実際 温度計で常に測りながら確認してると、
驚く程 温度が変化します、
種を入れる度に温度が下がります(衣や食材は冷やしてるので よけいに)。
160まで上げてても 一気に120まで下がる事もあります。
鍋が小さければなおさらです。

これは 簡単に考えて お湯でもそうですよね、
沸騰したお湯に お水足したら一気に温度下がるのは 普段知ってるんですから、
油の温度も もう少しデリケートに考えるべきでした。

それと クッキングシート ですが、
この技は 決して素人の裏技 扱いにしないほうがいい、
私は 自分のレシピの かき揚げ に 欠かせないアイテムになってます。

10×10センチ(かき揚げの大きさに合わせて)のクッキングシートに、
切り込みを包丁で入れ、(油が隙間から入って来る為なので 各自工夫して穴開けて下さい)
シートの上に種を形成して(何なら 真ん中部に隙間を作るのもこの段階で)
そのまま油に投入、~ 箸でシートを鎮めようとすると 剥がれる、
シート撤収(使いまわします、次の種載せて準備)
シートから剥がれた時点で かき揚げは すでに箸で触っても崩れない状態なので、
空気に触れさせたり 返したりして いい感じに揚がったらOK。

一枚の10×10のクッキングシートで、かき揚げ6個作りました、
油付いてる方が 剥がれ易いのもあるし、終わって捨てる際にも 十分役目を果たした感あって、
気持ちよく捨てられるし、

かき揚げ 怖くないな、、、
[PR]
# by jinkamakura | 2017-08-17 18:59 | お料理 | Comments(0)

練習してますよ かき揚げ

f0176945_19475345.jpg

玉葱 人参 三つ葉、
上アゴ 切れそうなぐらいの カリカリです、が、、、
(最初の二個は 焦げ目やら分厚いやらで 軌道修正してやっとこんな感じに です)
練習にするなら 三つ葉は勿体無かったと思ったけど、
葉の部分は 他の野菜には無い素材なので 焦げ具合なども含め いい練習材料だと思います。

私なりの要点です
※打ち粉がいかに大事か、
※油の温度は 温度計と睨めっこ状態、
※クッキングシートは絶対使うべし
※油の量はケチるほど 上手く揚がらない。

4つ目の 油の量ですが、
1個づつ揚げる、として、 箸で抑えて沈むくらい の量、
(ちなにみに、私は 直径15㎝の鍋に 高さ4㎝ほどの油でやってます、
かなり ケチってます が、 コストを考えれば これで上手に揚げられなければ家庭用とは言えません)
3つ目のクッキングシートに関しては、鉄板 並みの必需品です、是非試してみて下さい、

中途半端で申し訳ないのですが、 続く、、、
[PR]
# by jinkamakura | 2017-08-11 21:40 | お料理 | Comments(0)

好きな事とかには 頑張れる

残り野菜なんかが 見事な一品になる、
そんな素敵な技の一つに  かき揚げ 。
サラっと出来たら恰好いいんだけど、
その都度 出来上がりにムラがあって、実はそんなに得意じゃないんです

せめて 定番の素材のかき揚げぐらいは 安定した仕上がりが いつでも出来る様、
習得しておきたいと思いまして、
ただいま 猛勉強中であります。
玉葱、人参、三つ葉、  ま この三つは基本として(エビ、ホタテ、ぐらいは色気出したいっすw)
共通してる基本はあるんですけど、
途中、粉(薄力粉)を混ぜない、軽く混ぜる、よく混ぜる、グルテンまで混ぜる、 それぞれで、
ま、各お家の鍋や諸々の事情に合わせて 最適な手法を取り入れるのが大事ですし、
理想としては、「今すぐかき揚げ食べたい」「あいよ!数分待ってくんな」 ぐらいは出来たいので。
まずは 一般的に言う カリっとサクっと ってとこまでは 制覇したいですね。

握り寿司だって、普通はやってみようと思わないですよね?
でも 回転すしなんか 機械が握ってるって思えば、自分でも出来そうじゃないっすか、
f0176945_1924178.jpg

漬けにした(安物)マグロですが、
実は 美味しく漬かった生姜と 醤油漬けにした大葉と 頂き物の山葵、
これをいかに美味しく頂くか、って事で 自然に思いついて 握ってみた訳です。
お正月に披露するつもりで練習してたけど、
お蔭で今じゃ 炒め物と同格の作業です。

オムレツとか クレープとか パンケーキとか ナンとか キャベツの千切りとか 鱧捌くとか、、、
沢山あるんです、極めたいもんが、
(本職の仁の場合 こういう難関や目標が発生した場合は 恐らく 数分~翌日~3日以内には制覇してみせます、 若い頃は 泣きながら練習したりしたけど、 今は 頭の中で練習して 即行動に出来るんです、
自慢では決して無く、 一番大事で 一番好きな事だからなんです)
[PR]
# by jinkamakura | 2017-08-11 19:44 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

すっげーくだらない話

牛 豚 鶏、 家庭で使うお肉は基本この三種ですよね、
たまたま付けたテレビで恐竜が出てたんですけど、
草食の割に 体デカい、肉食の恐竜の方が 華奢って 納得いかん、、、。
先に挙げた三種の家畜も 餌は基本 草と穀物、
動物性の物は食べていないはず(私の知識内ですが)
なのに 肉食として食べられる、
本人 肉食った覚えが無いのに 自分の肉は旨いと食われる、、、
逆に 肉食ってる奴らは 身が臭いとか 固いとか言われて 敬遠される、
って事は、 やっぱ 世の中で一番見境ない雑食の人間って、
世の中で一番 美味しく無いんだろーな~、、、。
って テレビの画面見て 一瞬思っちゃった、

子供の頃 カブトムシに スイカの皮 餌にあげてたけど、
奴 スイカの皮なんて見た事無いし、、
面食らったんだろ~な~、
脱脂綿に砂糖水染みこませたのも クワガタ的には、
正直 無理やり頭押し付けられて チューチューするまで許してくれない空気を感じて、吸ってたんだろ~な~
[PR]
# by jinkamakura | 2017-08-04 22:30 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

衝動買い

たまに立ち寄る八百屋の親父のせいなんですが、
前を通ると挨拶してくる。
(自転車なので ピューって通り過ぎればいいんだけど、立ち寄るスーパーの前にあるもんだから、
自転車停めたりしてると 目が合うんだから 無視できないじゃん、、、)
そうなると 何も買わずにスルー出来ないじゃん、、、(俺 気ちっちゃいし、、、)
でも、 いいもの扱ってるんです、
大根 ワッサーって葉っぱ付いてるのとか、
枝豆 枝付きで 産毛わんさかとか、
私は食べた事が無いけど、ここのトウモロコシは 女房にはわかるみたいで、
他所で買うと 気付かれるので、
一目はおいているのですが、、、

買ったはいいものの、
我が家は  それ 保存方法も考えないといけないんですよ、

まるで 観葉植物を育て始める? 手順は まるで同じですよ。
f0176945_2352026.jpg

モロヘイヤと バジル、
ちゃんと茎を揃えたつもりでも、しばらくすると 水に届いてない奴がアピールしやがる、(しな垂れるんです)
数分で確認出来る事では無いので、
たまに 様子を見て その都度 挿し直す、
(葉に水が浸かるのは 腐る原因になりますから、そこは保存が目的なので気を使います)

暫く こうやってシャキっとさせてから 湯がいて 絞って  って、、、、
本人には 知らせないでおこう、、
バジルに関しては ミキサー行 だからね、、、
(ジェノバソースにします、作ったら即 冷凍で保存です)

レバー料理が好きで、(そんなにバリエーション無いんですが)
ハツ も あったんで 買っちゃいました、
内臓といっても 他の部位に比べ 下処理は大変では無いです。
一応 下味漬けて 翌日
f0176945_071527.jpg

あ この際に使った竹串は 捨てましたw

この手の物を自分で調理するたび 毎回思い知らされますが、
焼き鳥とか焼肉って、 ガス、炭、って 家庭では拘れませんよね、
煙、空気、うちわ、油が落ちる、(その油でさらに燻される)
とかって、 まー 家庭では 無理だわ、、、
やっぱ 金払って食うだけの事あるわ 焼き鳥!
※私は絶対 ”塩”派なのだが、 あの野郎! 残ってたウナギのタレ付けて食ってやがった、、
(あってる? あってそう、、、)
[PR]
# by jinkamakura | 2017-08-04 00:19 | お料理 | Comments(0)

イクメン

デニム(ジーパンともいいます)の話です。
実は この話を書いていたら マニアックな方向にも走ってしまい、
長文になってしまったので、一度全削除、
早い話が、 デニム9年かけて育てます。
f0176945_211647100.jpg

左12年、真ん中9年、右 昨日届いた新品。
全て同じ LIVI'S 502ですが、
今回新しく購入したものは インチを下げました、
この歳で、いえ この歳だからこそ チャレンジです。
先に書いてます様 長く付き合えば12年、
普通なら 先を考えて現状か ひとつインチを上げるか、なのかもしれませんが、
好きな服を着たいなら それに似合った体形を維持する努力も必要だと、

サイズを変えると 本来のデザインの良さも変わってしまい、
私は このLIVI`Sの502は 29~28インチが一番恰好いいと思ってるので、
この先 もっとオッサン(おじいさん)になっても これを履きこなせるよう 体形だけで無く、
色んな事 沢山ひっくるめて  ”老けない様”自己管理を維持する為にも
実際 毎日履いてるデニムなら、毎日体重計に乗るのと同じで、
ハッキリ 訴えてきますから、自分に厳しくするには いいアイテムです。

最近では ひげ(横に入った白いスジの様な)などや ダメージなど
デザインとして 人工的に入ったものが商品化されてますが、
リンスカラーと言って 一切の加工もウオッシュもしていない状態から
数年履き込んで 自然なダメージ跡が付いていくのを楽しむ。、
決して 意図的じゃ無く 普段の生活のなかでの 自然な動きによって出来る皺こそが、、、
イカン、、、アツクナッテシマウ、、、。

ま 面白いっしょ、この三本見比べて、 右の子をこれから数年かけて育てると思うと、、、、
ってな訳で タイトルの イクメン に オチを持ってくる事ができました。
(大丈夫ですよね、、、説明しなくても 、、コットン、、、)
[PR]
# by jinkamakura | 2017-07-22 22:05 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

柄にも無く

どの部類? と 尋ねられた場合、
理系 文系 体育会系 オタク と、色々ありますよね、
面倒臭いので 手っ取り早く表現したいもんです、
私は そういう場合 面倒臭いが半分 ウケ半分 で、
「俺 ヘビメタ」 とプロフィールしちゃってます。
(どういうイメージで取られるかは お任せしてますが)
この一言で済むって 結構 楽チンですw

他の方々の(俺ヘビメタ)さんの私生活は知りませんが、
私に関しては 一般的なイメージとは えらく違い、

家で 音楽を聴く際 ヘッドホンです、
スピーカーで大音量などあり得ませんし、
ギターをアンプに繋いで音を出すなど 一切ありません。
意味も無く 頭とか振りませんし、
写真撮る時 舌出しませんし、お兄さん指も立てません、
無意味に大きな声出しませんし、
所持してるCDの数百枚は 殆どメタル系かもしれませんが、
たまに 深夜に TOTOとかStevie Wonderなんか聴きたくなったりしますし。

ただ キーケースとか鞄なんか 黒の皮製を好むし、
靴なんかも 一個でいいから鋲とか付いてると好きだな、、、

で(って話繋がってませんけど)
植物と異常に相性の悪いことを 自覚してる自分ですが、
気の迷いで つい(売り物にならなくなった蕪みたいなやつ ご自由にお持ち下さいのやつ)
選んで大事に包んで持って帰ってる自分とか 一瞬何かが乗り移ってんじゃね?
さらに こいつの為に 鉢と土買って、
f0176945_2343887.jpg

出かける時に カーテン少し開けて、 とかって、、、
全然 柄じゃね~し!!

仁にも これ ありますが、 実は 開店祝いから三代目でして、
かまったら 枯れるし ほったらかしても枯れるし、
一体 何をして欲しいんだか、さっぱり解らん、
もう 諦めて 枯れたら買い替える事にしてます。
[PR]
# by jinkamakura | 2017-07-16 23:12 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月

メモ帳

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
髪型・ヘアサロン