鎌倉 美容室 仁


火曜日定休、0467(22)8880留守の場合は 7コールで携帯に転送されます、
by jinkamakura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

財布

銀行の封筒や通帳が入る財布って 中々無いんです、
個人経営者って そーゆーのも必要だったりするんで。
いい機会だからと 作っちゃいました、
f0176945_2391130.jpg

左が25年以上使ってた(集金袋の様な大きな)やつ、
買った時は高かったけど 酷使しても30年ぐらい持つんだから やっぱすごい。
上が普通の長財布、
この際だから 全てにおいて合理的な財布を作ってみようかと、
f0176945_23123927.jpg

パーツから作成ですが、
(本当は財布自体を 帯の生地を使って作ってみたかったんですが 今回は試作なので、それは次回に)
せめて、内側のカード入れに柄を使ってみました、、しかし、、、
女房いわく「何故 ここで 蛇を使わない! あんた一番好きなんでしょ~が!」
あ そ そうですよね、蛇柄でしたよね、、、
f0176945_23181682.jpg

カード入れは蛇柄に変更。
f0176945_23194494.jpg

通帳も三枚入るし、
f0176945_23202723.jpg

隠れたとこに着物柄、
f0176945_23211814.jpg

ちょっとベタな留め具ですけど、これでも3日悩んだ末の 一番合理的な策です。
前回のバック同様、この財布も手探りでの作品なので、
不便を感じたら 改良型を作ってみたいと思います。

余談、
前回のバックを作った際の余りの生地でつくったのですが、
この生地 気に入って 同じお店で同じ生地を買う時、
流石にこの財布出すのは躊躇った、、、しかも 会員になっちゃったし、、、
[PR]
# by jinkamakura | 2017-10-08 23:26 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

だから それはやっちゃダメだって

手作り物って 生活感というか 言い方悪いけど 貧乏臭くなりがちだと、
確かに クオリティーが高ければ そうでも無いのかもしれませんが、
趣味の域での手作り物に限って 家の中に増えて行ったり
するんですよね、、、

原因は 端切れ! それと 思い付き! こいつが悪い!
確かに 閃くんです、どんどんとアイデアが、
しかし、踏み留まらないと、
手作りを家の中に増やしてはならぬ!。

f0176945_2133662.jpg

こーゆのとか
f0176945_214152.jpg

こーゆーのとか、、、

確かに あったらいいな~とは思ってましたが、
売ってる物より 実用的で 尚且つ ビジュアルも素敵、(まるで売ってる物の様)、
そこまでのクオリティーならまだしも、
こーゆーの やっちゃダメなんだよ、、、

ペーパーホルダーは、クッションカバーを頼まれた際の端切れに、
バイアステープで縫っただけ、糸の色も変えず 2分でやっつけ。
(取り外しのベルトは手縫いでホックをつけてますので、洗濯も出来ます)
バイアステープって値段高いけど 便利ですね、

二つ目は、レジ袋を上から放り込んで、下からティッシュの様に取り出す、
伸縮性の柔らかい生地ですが 各部にワイヤー入ってるので、機能性は良い、
その分 見る度に笑ってしまう、
(ただ 売ってるやつを使った事が無いので、使用感を比べてみたいもんです)

ってな訳で、 つい やっちまいましたが、 自粛します、
ティッシュケースなど 絶対作ってはなりません、(あれこそ貧乏臭い!)
[PR]
# by jinkamakura | 2017-10-08 00:45 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

前作を踏まえて

生地や大きさ、色々な問題点を改良しつつ、
難易度も取り入れ、弐号機完成しました。
f0176945_18271620.jpg

一回り大きく、マチも作って、
(手製のアイロン台も写ってますね、)
f0176945_1828967.jpg

裏地の必要の無い生地を使用したぶん、
淵の裁ち目かがり縫いはしておかなければなりません、
(今時のミシンは ちゃんと出来るんです、助かります)
今日、最後の仕上げの スタッズ部分だけ お店で仕上げて完成、
帰りにデビューでした、
(ショルダーのパット部分の位置調整の為、一度ほどいて縫い直し、)
で、正式に完成。

ちなみに 隣に写ってるのは 財布のパーツ。

最近 ミシンのせいで こっち関係の記事が多くなってしまってますが、
料理も(毎日)ちゃんとやってますけど、載せてないですね、最近。
ってか!冷静に考えたら、
これ 美容室のページだよな、、、

と 言いつつ

美容室を選ぶ基準は 好きか嫌いか、 気に入ったか 気に入らないか、 高いか安いか、
全てはお客様の判断です、
良い薬剤を使ってようが、ベテランが担当しようが、
気に入らなけらば 「下手」のレッテルです。
実際 施術してもらって 気に入ったかどうか で判断してください、

なので、 やはり 仁のブログはこんな感じでいいんです。w
[PR]
# by jinkamakura | 2017-10-04 22:13 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

女子力?

ミシンの話です、

久しぶりの作品でしたが、
やはり 色々問題点があって当然です。
まず 一番の問題点は、 合皮。
斜め掛けのバックですから これ 背中に張り付いている訳です、
蒸れるんです、通気性0ですから、、、

そして、合理性を重視しすぎて 小さく作り過ぎて、
余計な物が入らない、、、

さらに、 なんか貧乏臭い、、、

最初の二つは改善するのは簡単ですが、
三つ目の課題はな~、、、
これこそ センスってやつなのかな、、、

ま さておき
弌号機を参考に、早速 弐号機を作ってます、

(私は基本 型紙を作らないので、大まかな本体以外のパーツが必要になったら
その都度 生地を直接切り出します)
生地のロスが少ないのと、臨機応変が楽しめる という利点があります、
そのかわり 物凄く 時間が掛かります が、
料理と一緒で、 火にかけたら 後戻り出来ない ので、
それまでの 段取りや下拵えの段階で 念入りに計画を練る、
そんな部分は似てますね。
頭 すごく使うから 楽しくって、、、

で タイトルですが、
たまに言われる事があるんですけど、

私は 女子力とか そんなもんでは無く、
女子より優れてます! ハイ キッパリと!

女子じゃないと出来ない事って、(男より女子の方が得意な事って)、
例えば 何でしょう、、、
ま、料理、裁縫、は抜きにして、
、、、、、、、

思い付きます?

実際は 男が、 (これは所詮 女のやる事だから)と、
管轄外扱いしてる事が殆どなんだと思います、

だったら、 男子力 っての 見せてもらおうじゃないか!

次回 an●nの特集で ありそう、 男子力 とかって、、、
[PR]
# by jinkamakura | 2017-09-30 02:32 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

まずは 肩慣らし

斜め掛けバック 出来ました、
f0176945_22354712.jpg

合皮という素材が かなり癖のあるものだったので、余計な手間がかかりましたけど、
f0176945_22373596.jpg

物が探しやすい様 裏地はこの様な赤で、
ファスナーの長さ調節もペンチさえあれば簡単なんです、
スタッズやカシメ、ホックなどは 元々専門分野(これヘビメタの定番ですからw)ですので、
補強箇所や、ミシンでは縫えない部分で活用して、
マチ作る予定だったんですが、
大きさを最小限にしたかった為、最終的にマチの余裕が無くなってしまいました、

ま とりあえず、ミシンがわが家に帰ってきた!ってテンションでの 創作意欲の勢いで作ってみたんですが、
手作り感といい、単純さといい、、、、貧乏臭い感はありますけどね、、、w
折角ミシンあるのに、わざわざミシンで縫えない素材でやらなくても、
なので 次作も考えてます、(まずはアイロン台 作らなきゃ)

やっぱ こうなるっしょw ケースとか テンションあがりますよねw
f0176945_2254185.jpg

とりあえず 今ある糸を収納しただけですけど、
(ボビン用のケースがいいっしょ)
糸が増えたらこのケースも増えるし、
そしたら ケースを収納する棚も欲しくなるし、、、、ってんで キリね~だろ~が!
[PR]
# by jinkamakura | 2017-09-19 22:59 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

されど パン粉

お客様と串カツの話から 美味しいパン粉の話になり、後日頂きました、
当たり前です!早速。
大したネタは揃えられませんでしたが、
(アスパラと椎茸は常備してるはずありませんので 帰りに買いました、 誰か褒めて下さい、、、)
魚の白身を粕漬にしてたので、参加させてみました、
f0176945_17472286.jpg

私は自分でパン粉を作る際にも 耳の部分(軽くローストして)、フランスパンなら表面の部分こそ、
有り難く参加してもらいます。
頂いたパン粉にも ちゃんと入ってました、

揚げながら途中で ふと思ったんです、
衣とパン粉は 炭水化物だよな~、、、
中身が野菜だから バランス取れるかな~、、、

あれ、 クリームコロッケって、、、
そこから 悪夢の如き恐るべし事実に気づいてしまったのでした、、、

グラコロなんちゃらバーガーって聞いたことありますよね、
あれって 小麦粉以外の原料 幾つ思いつきますか?
っちゅーか、 小麦粉 スゲ~!! なに この七変化っぷり。

かき揚げの勉強してる時に学んだんですが、
揚げ物の衣って(溶いた小麦粉)は 極少量でいいんです、
ご飯と一緒に食べるより、揚げ物を キャベツと一緒に食べる方がヘルシーなんです、
(極論ですよ、あくまでも)

ま これ全部 ペロっと平らげてしまった事に関しては 責任持てません、
(美味しかったんでしょうけど、これ全部完食って、、)
[PR]
# by jinkamakura | 2017-09-11 18:15 | お料理 | Comments(0)

早速 お直しの持ち込み

ミシンを使えない人からしてみたら、
(まさか これは直せないないだろ~な)という悲観的タイプと、
(何でも直せるんだ~wやった~w)という楽観的なタイプと、
女房は(はなっから解ってましたけど)典型的な後者のタイプです。

物色してるのは 薄々感じてましたが、
笑顔で ガンガン 直しの服を持ってきます、
中には スカートの後ろのボタンに掛けるゴムが切れたのとか、、、
(それ ミシン関係ネ~だろ、手縫いだろーが)、

今回難易度高かったのは、ウエスト詰め、(デニム生地)
ご丁寧に 後ろ中心にベルト通し付いてるし、、、
ま、難易度高い方が リハビリになるし(呆けのじゃなくって ミシンのですよ)
一気に勘戻せるし、いいっちゃいいんだけどね、(上手く使われて かれこれ何年になるのやら)
お店にお直し依頼したら 結構なお値段になる と思えば、
出来る自分 かなりドヤ顔だったと思います。
一家に一人居たら嬉しい、 俺(もう お母さんと言っても、、、) 何ポイント取れてます?

合皮(安っぽい合皮)って ビニールっぽい素材で、
ミシンで縫う場合 専用の押さえが必要なのですが、
工夫して 代用で何とかするのも ネットで検索すれば色々あります、
今後も頻繁に扱う素材なら、専用の押さえを買うつもりですが、
色々調べてるうちに、滑る という事に工夫をしてるので、
結果、ベビーパウダー&オーブンシート。
大体 この記事読んでる方で ミシン使わない方には はなっから意味解らない事だらけで、
興味無かったでしょう、
申し訳ございませんが、 ミシン使う派の方には この発想は ウケるんです。
いい歳した男に 遊び道具がやって来た!んだから 
水を得た魚 的なテンションです
[PR]
# by jinkamakura | 2017-09-04 17:03 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

超が付く 頭の体操

ミシンの話が続いてすみません、

当時は ステージ衣装なんかをメンバーの分も作ってたものです、
自己流ですが、ジャケットぐらいは作ってたんです、

勘が戻るも何も、、、
ミシン自体は 今どきの物なので 初心者でも扱える様 設計されてますから、
扱うのは(当時より)楽だと思います、

問題は、縫う順番。
全て逆算して 縫わなければならないのは工程の中で基本なのですが、
これが 超難易度の高いパズルの様なもので、
内側にポケット一つ付けるにしても、
裏地に最初に縫い付けてから、
裏地と表地を重ねて縫う段階までに あらゆる箇所の確認をして、、、とか
生地二枚縫っただけならやり直しもききますが、
返し縫い同士を重ねて縫った なんて箇所は もうやり直しききません。

これは 料理なんかより ずっと難関な 逆算パズルです。
この勘は 今もうすっかりリセットされてました。
さーて、、、縫う時間の数倍時間のかかる このパズル、
実は こーゆーの 大好きなんです、
手を動かす前に シミュレーション完璧タイプなので、

今のところ 縫い直しも含め 一日の成果は 平均して
芯をアイロンする(数十センチ)
ポケットにする生地の口部分(数センチ)を縫う
縫い代の線をチャコペンで書く
アイデアを絵に描く、、、

箇条書きにしてますが、一行が一日の成果です。
こんなんで すでに 一週間経ってます、、、w
大人が時間かけてプラモデルを本格的に作るのと一緒かもね、

ちなにみ
すでに 女房は 服の直しを企んでいる様子ですが、
糸は自分で買ってきてね、(一々生地の写メ撮って お店で照らし合わせるの面倒だから)
[PR]
# by jinkamakura | 2017-09-01 19:47 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

30年ぶりにミシンを買い替えました

私が最初に使った時のミシンは母の愛用していた物で、
母は 生活に必要な物に関しては 投資 をするタイプだったと 今になって解ります、
ミシンもその一つで、
身の周りの物 結構手作りが多かった記憶があります、
恐らく 技術と道具があれば 安く しかも自分の気に入った物を作れる と、
解釈によっては、自分が欲しい物を探すなら 作ったほうがいい(その為には作る技量が必要)

子供の頃から知らずのうちに 影響されてたんでしょうね、
思いっきり引き継いでます!そのクリエイティヴ感。

ってな訳で本題ですが、
最後に使ったのは10年前、(一応電動ではありますが 古いタイプのミシンで)

30年も経つと 驚くほど進化していたのです、
ボビンケース要らない、(ボビンは100均で売ってる)
自動糸通し機能、
上糸 下糸のテンションは ダイアル調整、
軽い 小さい 静か フットペダル小さい。

初心者用って 上級者からしたら 機能が物足りないと思うかもしれませんが。
上級者は 器量がフォローしますので、
2万クラスのミシンでも十分使えます、
(ボタンホール押さえは付属してたけど、ファスナー押さえ(片押さえ)が付いて無かった)
レヴェル的に例えると、圧力鍋とか 炊飯器とか 電動ドライバー120点セットとか 並みの
ハマり度かなり高いアイテムが わが家にやって来た訳なので、
依頼されてた女房のワンピースの裾上げはチャチャっと済まし、
今 自分用にボディバック作成中です、
f0176945_20101252.jpg

一部屋潰すのは 仕方ありません、洋裁はそういうものです、
左の緑の生地は 試作です、
要らない生地で一度作ってみて試行錯誤してみます、
上のジェラルミンケースは メタル使用関係、
スタッズや 要らなくなった洋服を捨てる際に 金具やファスナーなんかを取って保存してます。
今 作ってるのは ボディバッグと言って、
自転車用の斜め掛けバッグです。
表地はフェイクレザーで(スワニーは常連なのですw) 
裏地は要らない生地で補強と 探し物が見つかり易い様な色にと思って(御覧の赤(しかもさらに裏地))。
時間かかると思いますけど、完成したら 見てください。
[PR]
# by jinkamakura | 2017-08-30 22:02 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

かき揚げ 楽しくなってきた

職人のアドバイスで、
揚げ物の最適な油の温度(170度)は一般家庭で揚げる場合の温度で
お店では大きなフライヤー(油数十リットル)なので、
食材を入れても温度が下がらない、
よって、本当の理想的な温度は 160度、 らしいんです。

実際 温度計で常に測りながら確認してると、
驚く程 温度が変化します、
種を入れる度に温度が下がります(衣や食材は冷やしてるので よけいに)。
160まで上げてても 一気に120まで下がる事もあります。
鍋が小さければなおさらです。

これは 簡単に考えて お湯でもそうですよね、
沸騰したお湯に お水足したら一気に温度下がるのは 普段知ってるんですから、
油の温度も もう少しデリケートに考えるべきでした。

それと クッキングシート ですが、
この技は 決して素人の裏技 扱いにしないほうがいい、
私は 自分のレシピの かき揚げ に 欠かせないアイテムになってます。

10×10センチ(かき揚げの大きさに合わせて)のクッキングシートに、
切り込みを包丁で入れ、(油が隙間から入って来る為なので 各自工夫して穴開けて下さい)
シートの上に種を形成して(何なら 真ん中部に隙間を作るのもこの段階で)
そのまま油に投入、~ 箸でシートを鎮めようとすると 剥がれる、
シート撤収(使いまわします、次の種載せて準備)
シートから剥がれた時点で かき揚げは すでに箸で触っても崩れない状態なので、
空気に触れさせたり 返したりして いい感じに揚がったらOK。

一枚の10×10のクッキングシートで、かき揚げ6個作りました、
油付いてる方が 剥がれ易いのもあるし、終わって捨てる際にも 十分役目を果たした感あって、
気持ちよく捨てられるし、

かき揚げ 怖くないな、、、
[PR]
# by jinkamakura | 2017-08-17 18:59 | お料理 | Comments(0)

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月

メモ帳

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
髪型・ヘアサロン