鎌倉 美容室 仁


火曜日定休、0467(22)8880留守の場合は 7コールで携帯に転送されます、
by jinkamakura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最初は自分用にと思って作りかけてたんですけど、、、

前身ごろを裁断する際に寸法間違えて 小さく切ってしまったんです、
(型紙使わなくても へっちゃらさ! 何て言ってるから こういうミスはよくあります)
丈は短めのつもりで測ってましたから 幅だけ小さいとなれば、、、、

いけない事が 頭をよぎってしまい、
、、、(これ 姪用にしちゃおっかな、、、)

いや 絶対 ダメなんです! 女房から念を押されてるんです、
「絶対 着ないし おっさんが作ったもんなんて 気持ち悪がるに決まってる」

はい それは 理解してます、ってゆうか 肝に据えておかなければならないといけない と。

もう 切っちゃったんだし 勿体無いから このまま 練習がてら作っちまえ、
とか 言いながら、

(もしかしたら 「かわいいw 欲しいw」とかなったら いいな~)
なんて アホな想像しながら とうとう最後まで作り上げてしまいした、、
f0176945_18335616.jpg
フリース素材ならではの扱いにくさったら、、、裁断から 待ち針から 篝縫いから、
難易度高めの資材でした。

これ 大量生産でパートの外国人がガンガン縫ってる って思うと、
セオリーとかさえ解ってれば簡単に作れるもんなんだろーな、、、
ネットショッピングのイメージ画像用なら モデルに着せたり 見栄え良く見せるんでしょうが、
ぐちゃぐちゃに畳んで袋に締まって の状態だったので、
見栄えがあまり良く無いのですが、
ま 難しい生地で スキルUP と思えば 上出来(実際着れますし)かもしれません、
これ見よがしに ここに このまま掛けて置いて 姪の反応に期待してみようかと、、、
( だから そーゆー期待とか してる時点で キモイから! って 言われます 解ってます はい)


[PR]
# by jinkamakura | 2017-12-15 18:51 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

我が家に お直し屋さんがある、 そんな感覚なんだと思う、、、

こまめに 何だかんだ持ってきます、
「このスカートのここを詰めて」とか「ワンピースのウエストを細めて」とか、
いいですよ 嫌いじゃないし 得意だし、
でもさ、、、

買って まだタグが付いてる服を何着も持ってきて、
「これは 丈を10㎝上げて スリットはもう4㎝深く」
「こっちは 膝から裾までを もう少し細くして」
全部じゃん! これ全部 そのまま着れるのないんじゃん!
あのさ、、、

服買う時って 細かい部分まで気に入ったのを 時間かけて探して買うんでしょ?
襟の形とか 丈とか 女子は特に そーゆーのシビアなんでしょ?
多少 希望と違っても 何とでもなるから いいやw とかで 買ってない?もしかして、、、。

挙句の果てには「休みの日に 沢山やる事あって楽しいでしょw」ときたもんだ。
いないよ 普通 わが家に お直し屋さんの店舗があって タダでやってくれる家庭なんて、
(金 取ろうかな  ブツブツ  糸代だけでも 払ってほしい ブツブツ、、)

悲しいかな 楽しいんです、、、、悲しいです、、、
物凄く難しい生地とか 難易度高い物とか すっごく楽しいんです、
読まれてます 間違いなく、
そうやって 今まで 色んな事を操られてた事は 私も解ってはいるのですが、

普通なら お店に出して お直ししてもらうのが一般的 のところ、
うちでは 便利な奴がいるから 何の心配無い、ってのも 恰好いいだろ、って
一番思ってるのは 実は 自分なんです、
(何でも 頑張れば自分で出来るし 出来たら恰好良いじゃん) がモットーなもんで、

そのうち フグも 捌ける様になるんじゃないかな、、、、



[PR]
# by jinkamakura | 2017-12-07 21:03 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

年末年始のお知らせです

年末は29日(金)まで営業させて頂きます。
年始は4日(木)から仕事初めさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします。

[PR]
# by jinkamakura | 2017-12-07 20:34 | お知らせ | Comments(0)

さらに追及 鶏胸肉

この度 一つ レシピ出来ました、
出来上りは単なる 唐揚げです が、(下拵えが えらい面倒臭いのですが)
でも コスパに優れた胸肉で 味のしっかり染みた ふわふわの柔らかい唐揚げです、 多少の手間も報われるはずです。

※大き目に切り分けます(皮も付いたまま)
フォークで散々ぶっ挿します、(ここは手を抜かないで 一切れづつ丁寧に)
擦った生姜と蜂蜜と醤油に漬け込みます、(酒や味醂、胡椒も お好みで)
一晩漬け込んだら、そのまま鍋で加熱します、(肉が浸かる水位まで酒や醤油などで足します、冷蔵庫で寝かせた場合は 常温にもどしてから)
ここからが大事なポイントです、
常温から温めて70度ほどになったら火加減を調節して 常に60度を保ちます、
解り易く言うと 低温で長時間で火を通す って事です、
(弱火で火にかけてても 温度はじわじわ上がっていきますから この段階では放置って訳にはいきません)
灰汁と生姜が混ざって浮いてきますが 気にせずすくってください、(灰汁取りの作業こそ隠れた美味しさの秘訣なんです)
肉の大きさによりますが 15~20分 加熱して火を止めて放置します、
一番大事ななのは この 放置時間ですが、
ある程度温めて 余熱で確実に肉の中心部に火が通る事が大事です、
見極めを誤って 温度が下がってから再度加熱し直すと また表面から熱が入るので 固くパサパサになってしまいます。
常に一定の低い温度で加熱して、中心部は余熱で火を通す、これだけがこのレシピの肝心なとこです。
鶏肉は火が通り難い されど ちゃんと火を通さないといけない 厄介な食材なので、
どうしても パサパサな印象がありますけど、
この過程で 柔らかく煮えたらもう大丈夫、あとは揚げるだけ。
しっかり水気を拭いて、片栗粉をまぶして 高温の油で 揚げます、
揚げるのは 肉に火を通す目的では無く、カリっとさせる為だけなので、
かなり高温でいいです、
(短時間でも火が通る事と余熱でもさらに火が通るので ここは出来るだけ短時間で 良い色に揚がる様に)
片栗粉には 山椒や胡椒 カレー粉 レモンの皮の擦ったやつ 昆布茶 抹茶 パプリカ など、
あらかじめ アクセントを混ぜておいてもいいとおもいます。
(色々やってみましたが 私の好みは 山椒と乾燥柚子の皮の粉末です)大根おろしポン酢で頂くのが最高です。が)
悲しいかな プレーン揚げにマヨネーズが大人気です、、、(ま 間違い無いけどね、、、)
f0176945_00052282.jpg
翌日は えびチリみたいに 甘酢ソースで和えてみました、が、、、。
モモ肉に比べ 時間が経つと(冷蔵庫で一晩経つと)一気に柔らかさが無くなります。
揚げたてなら ドヤ顔で出せるクオリティーなんですが、、、

話しは変わって こちらは 石
f0176945_00110451.jpg
大根のサラダ用に 塩もみした後、
こうやって もう一回 重し乗せてます、
塩振って ボウルで重し、一晩
水捨てて ざるで 重し、一晩、
放置プレイ、(だが 愛情は満載)
※この状態を、見たのでしょう、翌日 女房は 蟹缶を買ってきました、、、わかりますが、ツナでいいのに、、、。


[PR]
# by jinkamakura | 2017-12-01 00:16 | お料理 | Comments(0)

やっぱ 気分いい事があると 人にも優しくなれる

ちっちゃい事なんです、
例えば 車一台が通れる細い道で 脇に寄って(自転車です)停車してたら、
態々 窓を開けて 「ありがとうございます」って言われた とか、
後ろから来る車が 大き目だった時 先に行ってもらおうと、
解りやすく端に寄って徐行した際に 抜き際に「ありがと」らしい合図された時とか、

こっちも(自転車立場)も 結構 車に対して気を使ってますが、
どうも あちらから(車)側からしてみれば
鬱陶しい存在なんでしょう、、、

でも たまに 前に述べた様なドライバーに遭遇すると、
気分よくなります、
しばらくの間は 優しい人になれます(しばらくの間です 基本そういう性格では無いのでw)。

自分から危険に近づかない様にしても、向こうから危険が襲って来る可能性があるので、
出来るだけ 譲ろう精神を心がけて自転車に乗ってますが、
最近取り上げられている車の危険運転の動画を観ると、
危険を回避する為に 端に寄って一時停止しても、安全は万全では無いかもしれないと、
思わせられます、
自転車保険には加入していますが、あくまでも加害者側になった時の為で、
被害者になった場合(怪我ではないにしろ 精神的に怖い思いをしたり、嫌な思いをしたりすると)
次の日からその道を通るのが怖くなったりするもんです、

同じスペースを共有しているのですから いい関係でいたいもんです、車と自転車と歩行者
[PR]
# by jinkamakura | 2017-11-09 00:50 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

軽食

鶏の胸肉は 使う予定が無い時でも たまに買ったりします。
モモ肉は そのままでも美味しいのに対して 胸肉は愛情をもって調理してあげないと 
人気度が低い部位なので、それを考えるのが楽しいのです、

塊のままの場合は調理法が限られますが、
削ぎ切りだったり 叩いたり みじん切りにしたり、
結構バリエーション豊富なんです。

買ってから帰り道の間に 何を作るか考えて、
帰ったら即 下拵え、(一晩漬け込んだりとか ありますから 早めにね)

今回は これを作るつもりで、下拵えしておきました。
f0176945_1752967.jpg

チキンのナゲットです、(ポテトでは無く パンの耳フライを添えて)
トマトケチャップを作ったので これを生かすには、、、と 思い付きで作る事に。

1センチのさいの目に切って、下味付けて(和なら生姜、洋ならスパイス)
形に入れて冷凍、
※形と言っても ラップでソーセージの様にしてもいいんです、
切った断面が小さい場合は冷凍のまま切れますから、

実験も兼ねてだったので、今回は5㎝×4㎝ほどの立方体に形成して冷凍したので、
パン切り包丁も入らないほど固くなってしまったので、
一度解凍(時間掛かります)
解凍状態だと 切る際 断面が崩れる  ので、もう一回 表面だけでも冷凍して、、、
すっげ~面倒くさい事になっちゃいました、

まず 1㎝(5㎜がいいかも)の角切りの時点(ミンチとか混ぜるかして結着させておくべし)
形成は冷凍状態でも包丁で切れる大きさにするべし、

ちょっと試しに面白い事やってみたけど、
その都度 経験と教訓みたいなのが得られるし、
無謀な事にチャレンジしても 小さい成果とかも見つかったりするから、
料理以外でも何でも ほんと楽しい、

あ ちなみに 名誉の為に申し上げますが、
今回のナゲットは 大きさに挑戦してみた際の結果ですが、
一般的な小ぶりの大きさなら、本家には負けません(添加物や原料も含めて)
[PR]
# by jinkamakura | 2017-10-29 20:07 | お料理 | Comments(0)

訳あって 財布 作り直し

だって 流石に その店で買った生地で作った財布は お会計の時恥ずかしい。
近所の生地屋さんだし 今後頻繁に利用すると思うし、
ってな訳で。 もう一個作っちまえw。
f0176945_22344378.jpg

どうせやるなら こうでしょ 蛇革!
f0176945_22354042.jpg

2作目なので 完成度も まあまあ、
f0176945_22384314.jpg

念の為100万の札束が入るマチ幅にしておきました。
細かい部分も 経験と比例して完成度上がってる気がします。

蛇柄とか豹柄系を持ってるだけで、性格みたいなもん 決めつけられがちですよね、
ヘビメタ当時は あえてそうしてましたから よく解ります。

花柄のポシェットを斜め掛けにしてる嬢の方が 実は腹黒かったりする事もあります、、、
[PR]
# by jinkamakura | 2017-10-23 22:51 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

初めて実際に使ったときは 恥ずかしかったけど、

スーパーでレジ袋に詰める際、
自転車のカゴに収まる様に工夫しなくてはなりません、
玉ねぎや ゴロゴロした形状の物は結構面倒臭いもんです。

エコバックやトートバックの存在は知ってますけど、
男であれを利用する人は滅多にいないでしょう、、、
しかし もし 自転車のカゴのサイズのバックなら、
買い物を直接バックに入れれば(配置など気にせず)
ぴったりカゴに収まる訳です。

f0176945_17312939.jpg

こーゆー事です。
f0176945_17322463.jpg

蓋があれば荷物も落ちないし、自転車のライトの邪魔もしない、
f0176945_17333149.jpg

ワイヤーで補強すれば重い荷物でもダラっとならないし、(横方向にワイヤー入れたら畳めないから片側だけ)

欲を言えば 長いネギなんかを挿すポケットなんかあったら面白いかなと、、、

ワイヤーは針金ハンガー、底板に100均のプラスチックのまな板、
(底板に牛乳パックを重ねて使う方法がありがちですが、あれじゃ弱い)

これ畳んで常にカゴの底に入れておいて、コンパクトの状態でスーパーで買い物して、
レジ済んだら広げて使う、 と。
偉そうに書いてますが、
実際使う時は(デビュー初日)結構恥ずかしかった、
だって 物凄く主婦感あるし 本気的なアイテムじゃないっすか。

これ、オーダーで作っても面白いかも、
自分の自転車のカゴのサイズを測ってメールで送れば、
ピッタリサイズのバックを作ってくれる、勿論 ポケットや持ちてなど、
細かい要望にも対応したり。
本職引退したら こっち方面で食い繋げるかな~、、、w
[PR]
# by jinkamakura | 2017-10-15 17:51 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

財布

銀行の封筒や通帳が入る財布って 中々無いんです、
個人経営者って そーゆーのも必要だったりするんで。
いい機会だからと 作っちゃいました、
f0176945_2391130.jpg

左が25年以上使ってた(集金袋の様な大きな)やつ、
買った時は高かったけど 酷使しても30年ぐらい持つんだから やっぱすごい。
上が普通の長財布、
この際だから 全てにおいて合理的な財布を作ってみようかと、
f0176945_23123927.jpg

パーツから作成ですが、
(本当は財布自体を 帯の生地を使って作ってみたかったんですが 今回は試作なので、それは次回に)
せめて、内側のカード入れに柄を使ってみました、、しかし、、、
女房いわく「何故 ここで 蛇を使わない! あんた一番好きなんでしょ~が!」
あ そ そうですよね、蛇柄でしたよね、、、
f0176945_23181682.jpg

カード入れは蛇柄に変更。
f0176945_23194494.jpg

通帳も三枚入るし、
f0176945_23202723.jpg

隠れたとこに着物柄、
f0176945_23211814.jpg

ちょっとベタな留め具ですけど、これでも3日悩んだ末の 一番合理的な策です。
前回のバック同様、この財布も手探りでの作品なので、
不便を感じたら 改良型を作ってみたいと思います。

余談、
前回のバックを作った際の余りの生地でつくったのですが、
この生地 気に入って 同じお店で同じ生地を買う時、
流石にこの財布出すのは躊躇った、、、しかも 会員になっちゃったし、、、
[PR]
# by jinkamakura | 2017-10-08 23:26 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

だから それはやっちゃダメだって

手作り物って 生活感というか 言い方悪いけど 貧乏臭くなりがちだと、
確かに クオリティーが高ければ そうでも無いのかもしれませんが、
趣味の域での手作り物に限って 家の中に増えて行ったり
するんですよね、、、

原因は 端切れ! それと 思い付き! こいつが悪い!
確かに 閃くんです、どんどんとアイデアが、
しかし、踏み留まらないと、
手作りを家の中に増やしてはならぬ!。

f0176945_2133662.jpg

こーゆのとか
f0176945_214152.jpg

こーゆーのとか、、、

確かに あったらいいな~とは思ってましたが、
売ってる物より 実用的で 尚且つ ビジュアルも素敵、(まるで売ってる物の様)、
そこまでのクオリティーならまだしも、
こーゆーの やっちゃダメなんだよ、、、

ペーパーホルダーは、クッションカバーを頼まれた際の端切れに、
バイアステープで縫っただけ、糸の色も変えず 2分でやっつけ。
(取り外しのベルトは手縫いでホックをつけてますので、洗濯も出来ます)
バイアステープって値段高いけど 便利ですね、

二つ目は、レジ袋を上から放り込んで、下からティッシュの様に取り出す、
伸縮性の柔らかい生地ですが 各部にワイヤー入ってるので、機能性は良い、
その分 見る度に笑ってしまう、
(ただ 売ってるやつを使った事が無いので、使用感を比べてみたいもんです)

ってな訳で、 つい やっちまいましたが、 自粛します、
ティッシュケースなど 絶対作ってはなりません、(あれこそ貧乏臭い!)
[PR]
# by jinkamakura | 2017-10-08 00:45 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月

メモ帳

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
髪型・ヘアサロン