鎌倉 美容室 仁


火曜日定休、0467(22)8880留守の場合は 7コールで携帯に転送されます、
by jinkamakura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

スキレット

最近 流行ってます スキレット、
鋳型で作る鉄製の小さなフライパンです、
厚い鉄製なので 調理器具として 他のパンには出来ない焼き具合だったり、
高温に耐え 冷めにくいので(と言うか 冷めません) グリルもいいし、
もう一つの魅力が そのままテーブルに出せる、(出せるどころか お皿より映える)

興味はあったんです、やりたい事沢山想像もしてたんです。
とうとう 購入しました、
説明にも記載されてたし、ネットでも 手入れの仕方が紹介されてましたが、
実際 手入れ 大変です、かなり面倒くさいです、
なにせ 鉄ですから ネジや釘 バール 自転車部品 などと同じで
手抜くと 一日でサビるらしいです。

しかし! それも含めての事 包丁もおろし金も 手入れ次第ですから
献身的に面倒みてます、

勿論 連夜 使いまくりw

初日から ハンバーグ(焦げ目つけたら 魚焼きグリルに放り込む)
チキンのグリル、ローストポーク、ローストポテト、ピザ、
楽しくってたまらんw

で 滅多に無い事ですが、 急遽”今夜夕飯いる”(カレンダーにはいらないマーク付いてます)
ってな晩、 自分で何か買って帰る覚悟もしてたらしいのですが、

思い付いちゃったら あとは 簡単で ちょっ早、

f0176945_17123587.jpg

1人様 すき焼き。
翌日用の具材(本当は スキレットで豆腐ステーキのつもりで漬けんでた物)
お肉はハチミツなんかに漬け込んだ 冷凍物、
エリンギも舞茸もネギも 豆腐ステーキの付け合わせ用に残しておいた物、
多分 原価 100いかない、
(一人分だけ作ると 高くつくけど、これで商売したとして ご飯と小鉢つけて 900円(大船だと750円w)
一日 200食で考えたら、、、 コレコレ マタ ワルイ クセ 、、、

このスキレット 同じのもう一つ買って 蓋として使うのも考えてます。
ダッチオーブンみたいな使い方ですね、(上からの加熱方法はまだ検討中ですが)

これ 人数分欲しいですよね、(てか そもそも そうゆう買い方で流行ってるみたいだし)

これ用の鍋敷きと こ洒落た鍋掴み 欲しくなるのは当然ですな、、、
[PR]
by jinkamakura | 2016-10-29 17:26 | お料理 | Comments(0)

遠視も不便なんだよ

近視の方の不便さは よく聞きます、
人の顔がぼやけて 認識出来ないとか、
標識が見えない(そりゃヤバイだろ)とか、

遠視は 真逆なれど それなりに不便さもあります。
ま ご存じの通り 小さい字が見えない、
(生活の中で 非常に重要な事柄が記載されれている物が読めないんです、 ヤバいっしょ)
ATMなどで 振り込む金額が見えない、通帳の記帳など灰色の線にしか見えない。
ご飯は 粒単位で見えない 白い物、
爪 切れない
キーボードは見なくても打てるが 画面に表示されてる文字は見えない
名刺 メニュー 伝票 手紙 切符 、全滅、、、
それなりに 不便なんですよ 遠視も、

なんで こんな話をしたか、 実は、、、
ここ最近 月が 満月を迎えて しかも 天気が良いので、
とても綺麗に見えますよね、
月の柄って各国それぞれ 例え方が違っていて、
うさぎが餅つきしてるのは 勿論日本だけで、
調べると 面白いぐらい 国によって 見え方 例え方が違うんです、

普通に生活してる中で まさか 月の柄がハッキリ見えるなんて 必要ありませんよね、
はい 恐ろしいほど ハッキリ見えるんです、
自分の爪も裸眼では切れないのに、
うさぎが ハッキリ、 さらに 廻りの星も 焦点あってんじゃないか っちゅーぐらい
くっきり 見えてるんです、
(勿論 その分 代償はあります、)

遠いとこは どこまでも見える のを 少し抑えて その分 近いとこに焦点合わせてくれないかな、、、

さておき

葉物 最近高いです、
北海道の影響で 玉ねぎやジャガイモは仕方ないにしても、
キャベツまでも、、、

豚汁が食べたいと 数日前からリクエストがあったのですが、
大根が、、、 高いと言うか いいのが出回らない。
他の準備は先にしたとしても 大根待ち 段階。
で やっと 妥協して 今夜 食材が勢ぞろい。
ごぼう、こんにゃく、は すでに仕込み済。

折角なので 出来立ての豚汁を囲んで 定食風に。
f0176945_23255114.jpg

白菜の浅漬け、白子の甘露煮、大豆煮、里芋、納豆
場合によっちゃあ これもアリかもしれんが、
いくらなんでも これじゃ 次の日 力出んだろ 自転車も漕げねーだろ、、、
ってな めにゅーですが、
年々 重ねるごとに こんなんで 満足していくんかな、
 いや 肉食わせろ! 肉食わね~と 明日仕事できね~だろーが!
うん まだ 若いしw
[PR]
by jinkamakura | 2016-10-15 23:34 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

男の料理編 まずは お米 炊きますか

本当は 洗い物~拭いて しまう、(元あった場所に)
からが 基本なんですが、
(台所に入るからには もうすでに自分が主役ですから 何処に何があるかは熟知しとかないと)

お米炊く なら 冷蔵庫の在庫や食器や調味料など 一切把握してなくても出来ますから、
やってみましょうかw。

まず 一般的には 炊飯器使ってますよね、
折角なので(男の料理は遊び心が無いと楽しめませんし)
鍋でやってみましょう、 土鍋が理想ですが、厚い構造の鍋ならそれでも大丈夫です。

まず お米を洗います、(今回は2合、きちんと軽量して下さい)
ザルとボウルのセットになったやつが良いです、
(ザルの目にお米が挟まらず、尚且つ水はけが丁度良い 私も散々探して理想的なの見つけました)
その際、最初のお水は 優しく入れて 埃などを浮かばせて 流します、
三回繰り返し(少し揺するくらいで まだ研ぎません)その都度表面の水を捨てます、

からの いよいよ 研ぎですが、
今のお米は 昔の様に手のひらで押し付けて研ぐ様な必要はありません、
優しく手でなでなで、もみもみ、お米が欠けたり割れない様に、
これは揉んで流してを二回で十分です、
お水が透けるまでやらなくても大丈夫です。

ザルに揚げて 水気を切る、放置。(季節によっては 常温か冷蔵庫)

いよいよ 鍋に移して 水を入れる(今回2合ですから 400㎜)
お米を炊くお水ですから 出来れば美味しいお水を使いましょう
新米や古米によって水量が違う事もありますが、基本の分量を覚えてからにしましょう。

水に浸して最低1時間、(冷蔵庫で1日ってケースもあり)
冷蔵庫に入れると鍋も冷えるので これも美味しく炊く秘訣なんで一隻二丁。

で 火にかけます、
土鍋の様に 蓋が重い事を前提にしてます(普通の鍋でも蓋が軽く隙間が出来る様なら向いてません)

鍋の厚みによりますが 中火で 沸騰するまでは傍にいて下さい、
沸騰してコポコポ(蓋が我慢しきれない感じ)になったら 即 弱火 にして ここでタイマー。

この タイマーの時間が難しいとこなんですが、
2合で基本9分、プラス30秒単位で お焦げの調節ができます。
土鍋や冷蔵庫入れてた鍋の場合 沸騰するまでの時間がかかりますが、
沸騰してからの時間は ほぼ共通です、
(ちなみに 専用の土鍋の場合は 火を着けた時点でタイマー13分で火を止めて蒸らす もありです)
9分たったら 火を止めて 蒸らし(10分) 絶対蓋を取らない。
10分で 一度蓋を取って しゃもじで 底から反す様に ザックリ全体を混ぜます、
(この際 お米を潰さない様 ざっくりと 天地返しの様な感じで)
すぐ蓋をして 5分~10分で食べ頃です(土鍋ならもっと時間置いてもいいです)

炊きあがり(一番の食べ頃) と言われてるのは 実はこの状態で、
タイマーが鳴った状態は まだ調理中なんです、
(キャンプで飯盒でご飯炊いた経験を思い出して下さい、逆さにして蒸らしてましたよね)

※お米を水にさらした鍋を冷蔵庫に入れておく場合は 夏場か 明日のお弁当用 の場合、
(おにぎりにしたり 明日のお弁当にする場合は 氷を入れて炊く裏技があるので)
炊き立てを 焼き魚で頂く場合は 冷やさなくても大丈夫、

大事なのは ここから、(奥様はいつもやってます)
余ったご飯は即冷凍(では遅い) 理想は 食べ頃の状態で即冷凍(小分けにしてね)
空いた鍋はすぐ水に漬ける、
炊いてる最中に吹きこぼれた場合は レンジを拭く、
その日の洗い物も最後までやる気合いがあるなら、
お箸も合茶碗も すぐ水に浸しておく、

どうですか、 ご飯を炊く この一連の作業を  朝 歯を磨く程度に 軽くこなしてるんです 主婦は。
やってみましょうよwご主人。
ここでギブなら 資質に問題があるかもしれませんが、
遊びと思って やってみて 面白いと感じたら、
次のステップまだありますぜw
[PR]
by jinkamakura | 2016-10-07 04:02 | 男の料理教室 | Comments(0)

歩行者 最優先

交通ルールの際 優先される順番が難しいんです、
細かく分類しても その時の状況によって優先順位も複雑になるんです、
基本は歩行者、(これ最優先) 例え車道にはみ出てても です。
最近の事件で、 信号待ちしてる車の間から横断しようと出てきた自転車が
対向車線の車と接触、(おんぶしてた乳児が亡くなる)。
車の運転手は過失致死罪。

ネットで あらゆる方向からの意見が出されてるのを読みながら、
毎回 感心しつつ 勉強にもなり、
無責任な人達が匿名で書き込んではいるのですが、
考え方の方向が とても複雑 かつ バリエーション豊かで、
自分の見解だけで物事を理解したり解決したりしてしまう前に
多種多用な見方も持ち合わせておくべきだと感じさせられます。
(そういう意味では ネットの掲示板は大変面白い場所だと思います)

たまに、 とても感じの良い追い越し方をする車に出会ったりすると、
後ろ姿に向かって声に出して言ったりしてます 
 「いいね~w あんた いい運転するね~w」 なんてね。
ま そんな事は滅多にありませんけど、、、。

自転車って 都合のいい時は 歩行者面したり T字路の信号は無視したり、歩行者を邪気にしたり
原付より太刀悪い存在かもしれん、(あえて引き合いに出しますが 原チャリ!最悪)

自転車 ってカジュアルな乗り物かもしれませんが、
畑のあぜ道走るなら どうぞ口笛拭きながらでも、
ただし公道に出るからには 車と同等なルールが発生します、(あぜ道でも発生はしてるんですけど)
知らないのか 無視してるのか 舐めてるのか。
信号で止まってる俺を抜いて行く自転車って、、、なに?
そんなんがいるから 真面目に自転車乗ってる人が一緒扱いされて 嫌な思いするんですよ。
結局は自分の身の事なんだから ルール守って損は無いと思うんだけどな、、、

結論! 私としては 自転車も免許制度にすべきと 思います。
歩行者の為にも 車の為にも 自分の命の為にも。

さておき
途中経過です、
f0176945_0483877.jpg

蒸すにしても 温度管理が難しい、
ここは 得意分野の 低温調理で、
基本の下拵えして(そのコーナーを今度作ります、カテゴリーで見て下さい)
ジプロックに空気抜いて、お湯にかける、
温度は70度、(以下でもいいけど 維持する時間の長さが まだ確立してない)
これは 二度目ですが、三度目は 踏まえての 60度キープで1時間 からの火を止めて放置、
ネギ塩タレで召し上がって頂く事にしました。

このレシピ確立したら 天下取れるかもしれんぞ!
と、
逝きばんでる私に向かって「こーゆーのコンビニで売ってるよ、今度買ってきてあげる」
 はい!きました 何でもコンビニ~、
こないだも 豆腐にハチミツのスィーツ っての食わされたけど、
たまに 参りましたコンビニ もありゃ ナメんなコンビニって 時もあんのよ!
(怖え~な、、さぞかし美味しいんだろーけど 怖えーな~、、、)
[PR]
by jinkamakura | 2016-10-05 01:01 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

衝撃

近所のお店で食事をした際、
ラーメンのトッピングの(普通は焼き豚系なんですが)なんと鶏胸肉、
1センチほどの厚さなんですが、
衝撃的な食感に 驚きました。

鶏胸肉に関しては個人的な永遠のテーマである事は よくここでも書いております、
兎に角 あのコスパにも優れた鶏胸肉を いかに美味しく調理するか、
常日頃 隙を見つけては 試行錯誤しております、 が。

鶏白湯スープとメニューに書いてありましたが、
トッピングの鶏が まさか こう来るとは、、、!
食べる前から 様子で 興味深々 って感じでしたが、
実際の食感! これは衝撃でした、
フワフワ とか軽々しく自慢してるレシピがよくありますが、
実際は大してフワフワでも無く 味も染みてない のが現実なんですが、

フワフワでは無く トロトロ、、、?
いや 火は入ってな無いトロトロでは無い、寸止め的な 火の通し具合なのか、、、ム!、、、、、
(あ 勿論 再現する気満々っす!w)
食感だけを頼りに 早速翌日からチャレンジ。

兎に角 今回は着地点がはっきりしてます(食ったんだから)
只今苦闘中です、 いい感じまではいくのですが、確実なレシピが出来たら是非紹介したいと思います、

え!何! これ どーやって作ったの?!  って、
そーゆー出会い いいですよね、その都度 探求するきっかけにもなるし、
(ただ 今回は たかが胸肉なんだが かなり厄介な課題かもしれん、、、)
[PR]
by jinkamakura | 2016-10-01 02:34 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月

メモ帳

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
髪型・ヘアサロン