鎌倉 美容室 仁


火曜日定休、0467(22)8880留守の場合は 7コールで携帯に転送されます、
by jinkamakura
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

あ名前を聞いておきたかった

毎回 女房が来店する際には(仁に)お昼を食べて(おごらされて)から が習慣で、
決まって 行く定食屋があるのですが、
先日 お隣の席にいらっしゃったカップルさん、
(私は 日頃 他をじろじろ見ない様にしてます、ですのでどんな感じの人なのかはわかりませんが)
食べ終わって帰られた後 女房が「見て、お皿」と言うので、
(もう帰った後ですし チラっとなら)
驚きました、 その食べ終わった後の お皿。
刺身定食なので 木製の下駄に お刺身が乗るのですが、
つま、生姜おろし、ワサビ、紫蘇の葉、
普通 つま は残します、(私は最後に紫蘇も一緒に全部食べますが)
下駄の上 洗ったかと思うくらい 綺麗なんです、
他の器もキチんと揃えてあり、
私も自分では 人前で恥ずかしく無い様な作法は意識しておりましたが、
あれだけ 綺麗な食べ終わり は 初めて見た かもしれません。
(そーいや 食べてるあいだ 会話してなかったみたいだったし、
さぞかし 立派な育てられ方をしたのでしょう とまで思わせてしまうほど)
感動しましたよ 二人で、、、、
それに気付く女房も良い感受性だし  恐らく同じ心境で、私と同じ様に スキル上げた事でしょう。

いや 勉強させて頂きました、この歳でも まだまだ勉強させて頂いてます。

ばあちゃん? 厳しく育ててくれた事 最近感謝してます、
コンビニ弁当の蓋に着いた米粒、お米洗ってる時に零れた一粒、しゃもじに着いた米粒、
貴方の躾 ちゃんと 影響してますよw そんで さらに 進化してますよ。
多分 俺が あん時のばあちゃんの歳になった頃 貴方の言ってた事が全て理解できるんでしょうね、、、
[PR]
by jinkamakura | 2016-09-28 01:24 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

無理~、、、、、

姪の誕生日のプレゼント、
毎回本人のリクエストを頂きます、(殆どが 完全指定 お任せは一切無)
今回はDVDです、(女房と合わせて2枚)
HaySeyなんたらのLIVE、
仁に来たとき 「折角だから ここで今見る?」
ママまで大喜びで 食い入ってましたが、
店中に流れる訳ですよ 音楽も、、、

いや~ 無理~、、、、

実は 仁のBGMには 日本語が一切ありません、
唯一 2曲ありますが 歌っているのはアメリカ人で 歌詞の一部
もう一曲は フレディー様の ”手をとりあって” これは説明はいらんでしょう。

歌詞が聞き取れると 読んでしまって  ダメだ~、、仕事に集中できん、

勿論 普段聴いてる英語などの曲も 多少は理解できますが、
やはり 日本語でストレートに聞かされると 自分なりに解釈する猶予っての?が無いっしょ、
直で押しつけられるでしょ、
昔と違って 作詞家先生が書く 言葉遊びや 裏の解釈があったりする詩と違い
内容がまた 思った事書いてるだけの詩だったりするし、

カラオケが流行る様になって以来、
詩を読まなくなっちゃったんですよね、(画面に出るから覚えてなくてもよくなっちゃって)
それ以前は レコード買って来たら 聞きながら 歌詞読んでました、
英語の歌も カタカナで書いたり 歌ったり、
ビートルズの歌も 歌詞カタカナで書きだして 覚えました、
後に 多少英語が理解出来る様になって 日本人の耳って聞こえ辛い周波数でもあるのかな って
思うほど、 Love you が ラッチューだったり welcome to the が ウオカントジ だったり、
LとRは一緒だったし 小さいaやtheなんかは 聞こえないから無かった事にしてたし、
その頃の方が 思いっきり歌えてたから 楽しかったかも、
(よくもまあ 恥ずかしげも無くライヴで 英語の歌なんかうたってたよな、、今思い出すと寒気するわ)

自分の十八番の曲ってありますよね、
嫌々でも 頼まれたら これ歌っときゃいっか、的なのとか、
機会があったら 歌詞じっくり読んでみてはいかがでしょう、
それが英語の曲ならなおさら、
もしかしたら メロディーからの印象と違う内容だったりするかもしれませんよ。
[PR]
by jinkamakura | 2016-09-26 03:01 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

菜箸でも 新調すると 使うの楽しみじゃん ましてや調理器具ってなると、、、

わが家には 炊飯器がありません、
欲しいと思ってますが、 ご飯を炊く以外の目的のみ なので、
(麹を育てたり ハムとか 低温調理器具として使う為に欲しい 
お米を炊くだけじゃ勿体無いほど便利な機能満載)

お米は鍋で炊く派、(鍋以外にも色々 レンジで使う圧力鍋や土鍋)
ここ数年は特殊な無水鍋で炊いていて 満足はしてたのですが、
なんか ぼんやりとしたビジョンがあって、
炊き込みご飯なんか そのまま食卓に出せる様な こ洒落た土鍋 あったらいいな~  と。

先日 実際使った感想をお客様から伺って(る最中から もうウズいてました)
早速 購入(滅多に無いです 眉唾物を即購入なんて)
今回は使用感やフォルム、炊き時間など とても参考になるプレゼンを頂いたので。
f0176945_2123712.jpg

3合炊きの土鍋、
炊き時間は火を入れた時からスタート
(今までの鍋より時間が3分ほど長い訳は 土鍋は熱し難いので沸騰するまでに普通の鍋より時間がかかる)
これは すべてにおいて理に適ってます、(鍋で炊くとき 場合によっては氷いれたりしますから)
火から下す時 鍋掴みが必要なら面倒だな と思ってましたが、
土鍋持って 部屋中歩き回る訳では無ければ 大丈夫 蓋も本体も 素手で
(ただ 蓋取る時とかに おふきん使ったりすんのって 何か お母さんみたいでいいじゃんw)

こちらは 念願の 魚焼きグリルで使う グリルパン、
f0176945_2204662.jpg

この手の商品 最近流行ってますが ピンキリです、
今までは その都度 アルミホイルで器を形成してましたので、
せめて その代わりになれば との事で
そんな大そうな代物では無くても と、
普通のアルミ合金のテフロン加工、
いい大きさ 見つけましたし(私は何でもピッタリが好きなんで)
f0176945_2251070.jpg

ま やるわな  そりゃ 当然でしょ、
アルミの時って ひっくり返す時とか トングで穴あいちゃって 結局下に垂れたりする事があったんですが、
まずその心配皆無、今のところ 満足してます。
(焦げてるのは ハチミツです スライスして食べると この焦げが最高なんです)
土鍋は今後 ご飯を炊くより レシピ増やしてみたいです、
炊き込みご飯は勿論、チーズフォンデユやアヒージョ しゃぶしゃぶ 石焼きビビンバ 参鶏湯、、、、
発想が沸いてきます、、、(あれ 一個って 一人用になっちゃう?)もう一個 買うかな、、、
いやいやw しゃもじ を 2個買いましょう、そして これに合う鍋敷きとね。
おまけ、
f0176945_2424175.jpg

紫蘇 茎の部分だけ水に浸かるように 冷蔵庫で、
一週間は元気でいてくれます、
揃えて売ってるやつより お徳用の袋にドサっと入った大きさまちまちな奴の方が 持ちいいです)
、、これ なんか 高いグラスらしいんですけど 大きさ丁度いいもんだから、
[PR]
by jinkamakura | 2016-09-23 02:39 | お料理 | Comments(2)

捨てません

捨てません と言うからには 9割の方が捨てる部位を美味しい料理にしてみせてこそ、
偉そうに言えるんでしょう、
今回は そう大した事ではなかった、、けど。
f0176945_19145798.jpg

サンドイッチの際に残った耳、いつもは揚げて 本体より美味しい一品にしてるのですが、
時間差で耳が出た(二日にかけて 揚げ物をしたくなかった)ので
しばらく冷蔵庫で待機しててもらったところ、
いい感じにカリッカリになったので、御覧の様に袋に詰めて、
f0176945_1918360.jpg

はい パン粉。
クリスピー系ですね、すりこぎで潰したので 粗さの調節や均等加減が出来ませんが、
ザルでこせば 細かいのと粗いのと 使い分けられるでしょう、
(この時点でスパイスなんかで味付けしてもいいですよね、ケンタは 粉に味漬けしてますもん)
乾燥してるんだから ハンバーグに入れてもいいかも、お麩の代用ですね。

こちらは 最近常備してる 大豆料理
f0176945_19224242.jpg

お酒の(肝臓の為の嫌々)つまみ用です、
(実際は飲みながらつまんでません、途中で嫌々口に詰め込んでる)

大豆は一晩漬けて お出汁で炊いて寝かせてもう一晩、(私はお出汁を使います)
こんにゃくは細かく切って塩降って一晩 
翌日 灰汁抜きで湯がいて 味付けして煮て冷ましてを二回繰り返して 寝かせて一晩、
翌日人参と一緒に煮詰めて 汁気飛ばして 冷まして一晩、
翌日全部合わせて 最後の味付けと汁気飛ばして 冷まして 完成、
合計3~4日 かかる とは思えない 庶民的なお惣菜です。
ひじき、鶏肉 お揚げ、 気分でDHは変わりますが、
基本のレシピは鉄板で、いつも同じ味、(を保つのってのが すっげー難しいんですよ)
なので これは あえて 同じ味で安定させてます。
 隣のビンは ラー油。
実際は 売ってるやつみたいに あんな赤くはならないもんです、
いろんな香味野菜をみじん切りにして、唐辛子と一緒に 胡麻油で低温揚げ、
一度 ベタなのを作って ご家庭の味にアレンジしてみたら面白いですよ、
食べるラー油として作るなら、ルールは無しです、
何でもありだと思います、 椎茸 山椒 ザーサイ 柚子の皮 しらす、などは実際美味しかったです、
胡麻油はデリケートなので 油に火を通すのでは無く 食材を香ばしくさせる為に火を入れる感じです、
一度具材を炒めて香りを立ててから 生の胡麻油に漬け込んでもいいかもしれません。
(ちなみに 鷹の爪の種 捨ててますよね 普通、
あれ 取っておいて こういう時使うんです、辛みが違います)

で、  一人飯。
f0176945_19404817.jpg

鰹のたたき定食。
ご飯を炊く土鍋を買ったので 早速試したかった からの メニューでした。
今夜は女房は外食、よって 一人分。(お味噌汁にも厚揚げ、)
本当に 肝臓労わってくるのかな、、、大豆
[PR]
by jinkamakura | 2016-09-21 19:44 | お料理 | Comments(0)

教わったレシピ

お話し聞いてて 美味しそうな気がしたのと、
今 大豆系にハマってる最中の(ハマってる訳では無く 仕方なくなんだけど)
タイムリーなレシピだったので、早速、
(冷蔵庫には 絹ごしのお豆腐はあったのですが、ぜひ木綿で との事で わざわざ帰りに買って)
何の事ない お豆腐を揚げ焼きにして 南蛮酢に浸す、だけ。
揚げ出しと同じで 水切りはせず 片栗粉まぶして しっかり焼く、
ついでに 白子も唐揚げにして 一緒に漬けてみました、
f0176945_2352419.jpg

下にコブ敷いて 焼いたネギ、 南蛮酢は少しピリ辛にしても良いかも、
ご飯のおかずと言うより 酒のつまみですな、

話しは変わって、、、
やたらと バターチキンカレーを作れと言い出した、
以前にもそんな事があった記憶があるのだが、
本人いわく「風邪のひきぎみには カレーが食べたくなる体質」 、、、らしい、、、
確かに以前にも書いた、大したポイントや決めてが見当たらないレシピだと。
確かに タンドールチキン(ヨーグルトで揉み込んで)はポイントかもそれん。
そのあたりは 得意だけど、

この手のカレーはご飯より ナンがいいかも とわざわざ醗酵作業も経て焼いてやり~の、、、

カレーとしては物凄く美味しい 良い出来でした、(ココナッツミルクも使ってみたし)
ま 結論ですが、食べたあとに  「無印で売ってるのを買って来るから それで勉強して」

てンメ~!!ゴルあ~!!!(この後一度書いたが消しました あまりに柄が悪い言葉使いだったもので)
しかし 私は過去 何味のカレーを食べた事があるのだろう、
カツカレー 、、、、、え? カツカレー、、、の他に、、、え?、、、
ビーフとかポークとかチキンとか 色々あるよね、
(その三種しか出てこない時点で どうなのよ具じゃね~かよ)
食った事無い物なんか レシピ見ながら作ったとしても どこが着地なのか解らんがな、

しかし 自分のやり方じゃなく 出来るだけレシピに沿って作ったのですが
本当に美味しいカレーでした、カレーとしては久しぶりに80点
[PR]
by jinkamakura | 2016-09-14 23:33 | お料理 | Comments(0)

捨てられない

基本 捨てられない派なんです、
お菓子の箱、小洒落た容器、紐、頂き物の珍しいお酒の瓶、 
酷い時は お刺身用の豪華な絵柄の入ったトレイ、、、
(理解して頂ける方も少なくは無いと思うのですが)

仁のお店では その悪い癖を封印してます、
何か物が増えたら 何かを捨てる、 いつか要るかもしれないと思っても(そんな時はこないからと言い聞かせて)捨てる。
お店の中の質量は常に一定になる様 絶対 増やさない事にしてます。

引っ越しを期に 自宅でも努力はしてるのですが、、、、、、


古くなって交換した歯ブラシ   捨てられます?
 何か 掃除とかに使えたりと思って 最後に息の根止めてから捨てる って思いません?
変?かな、 ケチなのかな、
お皿洗うスポンジは 交換する際 格下げシステムで、
格下げされたスポンジはその日から シンクや排水溝を洗う役に格下げ、(寿命は僅かですが)

昔は 雑巾がそうでしたよね、 墓場っていうか、

使える物は 勿論 大事に使います、
でも
使うかもしれない 、 いつか出番があるかもしれない、
活躍した前例が無い物に関しては 無慈悲と思っても きっぱり決断して 捨てる、
最近 そんなクールな判断を平気で出来る自分が 心配です。
後悔しないかな、、、なんて
[PR]
by jinkamakura | 2016-09-08 02:33 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月

メモ帳

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
髪型・ヘアサロン