鎌倉 美容室 仁


火曜日定休、0467(22)8880留守の場合は 7コールで携帯に転送されます、
by jinkamakura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

流石に今回は 疲れた けど

自分的には 一品一品 手を掛けたつもりだったんですが、
こうやってテーブルに並べてみると 普通の夕飯みたいな感じになっちゃいました、
f0176945_1213666.jpg

※食卓に出る物は全て私の手作り、これ鉄則、みんなもそう把握してます、
マヨネーズもポン酢も 絶対手作り、
ただし 例外もあります、
頂き物や差し入れ。
(ですが これに関しては 私が頂いた物で、私の功績を認められてのご褒美的な物なので、これは もはや 私の手柄であり 食卓に出してもいいのでは と 判断しておりますw)

ただし その場合は お皿では無く タッパーで出します(私だけの拘りです)
普段 滅多に無い事です、今回はお漬物系が三種(最近話題の ままかり です)
チキン南蛮(これ前回登場した大量のモモ肉)
タルタルソースはパパが玉ねぎダメなので その代わりにピクルスに拘ってみた、
f0176945_12174269.jpg

一週間漬け込んどきました、
f0176945_12242166.jpg


アサリのお味噌汁は 本来アサリからの出汁だけで作るもんなのですが、
こうゆう場では 少しパンチのある味の方がいいかと思い、
鰹出汁も使ってみました。 生ワカメと赤味噌の相性は とても良かったです。

真ん中のサラダですが、
三色のトマト 三色のパプリカ、サーモン アボカド キューリ かいわれ セロリ イカ。
全て角切りサイズにしたかったのは
嫌いな物 各々あるんです、それを見つけ安い様にしたかったんです、
みんなの好みが違うから 気にして作っても限界があるから、
どうせなら 遠慮なく 嫌いな物は避けて下さい って感じです。(避けても隣の人が食うしw)

新しい油で揚げたんだけど、
卵の衣って、、、、油の劣化早い、 普段は片栗派だからだけど、
油 使い捨てでしたよ、
(卵の衣系を 高温で揚げる場合 油が吹きこぼれそうになりますが、 
菜箸で表面の泡を掻き消す感じで均すと収まります、 火を緩めても 吹きこぼれは収まりません、)
知らなかったのは 私含め 少数かもしれません、、、

テーマの 疲れた ですが、
女房も参加した為 車が定員オーヴァーで 
私は自転車で付いて行く(いえ追い抜いて先に仁に到着しないと)ハメに、
一日散々働いて 洗濯も済ませて さて帰りましょう、
もちろん奴隷は皆の後を自転車で追いかけて(さらに 抜かないと 先に家に着かないと)
で、 帰宅すぐに ご飯炊いて 夕飯の準備、(しかも揚げ物)

前日までに準備出来る事もあります、
出来立てが美味しい物もあります、 
考えてみたら 一週間前からピクルス漬けてるし、鶏肉はひと月前から仕込んであったし、、、
自分 偉いな、、、
[PR]
by jinkamakura | 2016-07-26 12:47 | お料理 | Comments(0)

手抜き

近日 姪家族の襲来に備え 準備中の為、
毎度 差し迫ったわが家の夕飯(特に前日)は、
下手をすると コンビニ弁当で済ますハメになる事もあります。

幸い 木金の2日 女房が夕飯いらないマークが カレンダーに記してあったので、
今回は助かります、

本番に キャベツと卵を使うのですが、現在わが家の冷蔵庫にも多少残っているので、
これは 一掃しておかないと、

ってな訳で、
f0176945_23382022.jpg

思い付いたのが帰宅後、せめて 女房の帰るコールの際 買い物を頼もうかと思っていたのですが、
豚バラだけの為に は 忍びない、、、(本人も グズってましたし)

働き盛り、育ち盛り、の男子には 流石に苦情を頂くかもしれませんが、
これぞ 本当の キャベツ焼き です。
小麦粉少々と 卵 出汁 キャベツ ソース 青のり 鰹節、 のみ!
(お好み焼きとは違い 蓋をして殆ど蒸し焼き、ソースも少し手を加えて濃いめにしてます)

ごめんね こんなんで なんて 思ってたのですが、
翌日 お弁当に詰めてました、(ま ソースだけでも飯食える人もいるんだから いいかな、、、w)

本番のレシピは 食材から段取りも 前もって考えてあるのですが、
今日 買い出しの下見の段階で レシピ変更、、、
(思い付いたレシピってのは 旬の物とか考えて無いから)
見積もり やり直し みたいな感じです、(グチってるみたいですけど 楽しい半分w)
[PR]
by jinkamakura | 2016-07-22 23:52 | お料理 | Comments(0)

土日のルール

以前も触れましたが、
わが家では 土日(女房の休日)に関して、
冷蔵庫の中は 全て好きに食べて良い、というルールがあります。
ですから 金曜日の夜には 食べてはいけない物などは徹底的に仕分けしておくのです。

お膳立ては出来ています、 御覧ください これが 完成予定です
f0176945_1632963.jpg

うどん さえ茹でれば トッピングは全て用意してあります、 乗せるだけです、、、。
お稲荷さんも 味付け卵も ナスやなんやらの冷たい和え物や 海苔の佃煮、
一応 メモに書いて 仕事に出ましたが、
、、、、、、、うどん   茹でないだろ~な~、、、、、

ここまで準備してあって あとは自分で うどん 茹でるだけ って
もう コンビニ弁当レベルか レトルト温めて ご飯に乗せるだけ って そんなんと一緒でしょ~が、

一応 予備として 念のため アサリの炊き込みご飯の冷凍 と アサリの佃煮
(これはご飯をチンして佃煮乗せるだけ)
も用意して それもメモに書いておいたのですが、

案の定 帰って聞いてみたら アサリ風味のご飯に お稲荷さん乗せて ナスはボウルごと かっ食らう、
当然 美味しいお出汁は無視、 もう滅茶苦茶でんがな、、、。

お前さ~ いくら何でも 原始人じゃないんだから、 
実は 薄々 そんな気がしてたので、 帰って ちゃんとした完成品 作ってやりました、(のがこの画像です)

さておき
人の作ったカレー食いたい、
最近 人の(素人)作ったもん 食べてない、
カレーに関しては 素人どころか お店でも食べてない、
これじゃ 鈍るわ 、 絶対あかんと思う。
カレーなんて 1000の方向から評価する 複雑な味じゃないですか、
家で一人で作ってると 味が 自分の範囲内な感じして 限界を感じるんです、

「たまには 外で食事がしたいわ」
「あなたは 外で食事する事があるでしょうけど」
「贅沢な物が食べたいって訳じゃなくって たまには外食してみたい」

全国の主婦の皆さま、お気持ち察します。
[PR]
by jinkamakura | 2016-07-19 16:30 | お料理 | Comments(0)

物凄い発見 この組み合わせはお店でも流行るほどの

相変わらず 対して美味しくない 甘ったるい わが家の梅酒、、、
去年の分 少しづつでも消化しないと(ウォッカやジンで漬けたのは美味しいんですけど、
なにせ37度 流石に左手の野郎が グラスを口に運ぶペースを落としやがります、)

通常の焼酎の梅酒は 普段飲んでいる”いいちこ”の25度で漬けているので、
氷だけでも飲めるのですが、流石に甘い、、、、

偶然から発見した 素晴らしい組み合わせなんですが、
冷蔵庫で常備してある 水出し緑茶で割ってみたところ、

これが 最高!
甘さが一気に無くなり サッパリ スッキリ、
双方の成分が何かの化学反応だと思います、味が全く変わる、しかもそれが良い方向に変わってる、

是非試してみて下さい これは お勧めです。

話は変わって、
相変わらず スーパーの例の一角(魚のアラ系やゲソが置いてあるコーナー)
マグロの血合いや切り落とし(立派なんですよ しかも格安)
割引シールが張ってあるのは ちょっと恥ずかしくて なんて 前回話しましたが、
このコーナーは全然平気なんです、むしろ こーゆー部位を面倒臭がらず手間をかけて
上手に美味しい御馳走に出来る人が買うんです、 逆に ドヤ顔です。

f0176945_21531978.jpg

マグロは血合い部分ばかりで無く サクにする際の切り落としも沢山入ってるので、
しっかり漬け込んで 竜田揚げ風、
一応言っておきますけど、
野菜の切り方や配置も少しは考えますよ そりゃ、 でもね
私も一日仕事して疲れて帰って来て 休む間もなく 揚げ物ですよ、
正直 「食えりゃいいじゃね~か!」「口入りゃ一緒だ!」ってまではいかないにしろ、
切った野菜を綺麗に盛り付ける余裕なんて もう後半は薄れてしまいますよ、、、
大学前の定食屋だったら こんな盛り付けでも上等だろ~

(下はキャベツの千切り、散らしてるのは、生姜、とミョウガの酢漬けのみじん切り)
ポン酢をぶっかけて 御味噌汁ではあまりにベタかと思い 奇をてらって トムヤムクン風スープ、
(おかず では無く これが女房の夕飯、 お米抜きの変わりに お野菜でお腹一杯にと)
一つ一つは大した事なくても やっぱ お皿の数多くて目移りするのって贅沢な感じだし、
なので いつも メインと同じ温度で 小鉢や箸休め的な料理も力いれてます、
(ただ 本当に一品一品は大した事無かったりするんですけど)
[PR]
by jinkamakura | 2016-07-15 22:01 | お料理 | Comments(0)

殻を破ったのだろうか、、、

以前にも触れたと思いますが、
特売やセール品 タイムセール(夕方なんかにシール貼るやつね)等々、
どうも 手が出せないんです、(ま 理由は色々 ”男”って部分が大きく影響してるのは確かですが)

いつも利用してるスーパーが 格安セールを行うらしく(二日間)
さて いつもなら あえてその二日間は 立ち寄らない
(その部分こそ今回のテーマの”いらんプライド”なのだが)、

いつもの様に 必要な物だけカゴに入れて、、、~の、、、
そうそう 鶏肉も いつもの様にカゴに入れて~の、、、
(安くなってる事には気付かないフリをし~の だが 何故か2パック)
物凄く勇気を出した2分であった。

面倒臭い奴だな、、、とは 自分でも解ってます、  けど、、
なんか プライドとか見栄みたいなの、
年齢と共に段々捨てて(必要ないと気付くのかも)いっていくもんなのでしょう、
どこかにボーダーラインがあって、そこだけは守っておかないと、ってのはあります。
今回はスーパーの特売品の話からでしたから 遠回りな例えになっちゃいましたけど、

誰に合う事も無い休日なら うちの家内の様な姿で一日過ごしてもいいでしょう、
(物凄く面白いよw 恰好も 居場所も。 クマだよwクマww クマでも もちっと動くよwww)

一歩でも外に出る時には (見栄の)鎧 着るみたいな感じです、
例え ゴミ捨てだったとしても例外では無く、

誰も見てない 気にしてない 、そう思い始めたら もうボーダーラインの設定は不可能になります。

いつ飲みに誘われるかもしれない、 それが座敷かもしれない、
いつ 事故に合って 看護師さんに下着を見られるかもしれない(もっと素敵なシュツエーションかもしれない)
抜き打ちの持ち物検査された時(ね~よ!)鞄の中はちゃんとしてるか、
耳 鼻毛 眉毛 、、、、

例え 隠居しても 意識しておきたい、すべき。




結局 買っちゃった 鶏モモ肉、
2日連荘で(おうw 翌日も 2パック買ってやったぜ!ww) 合計 モモ12枚。
f0176945_19144247.jpg

使い道が決まったので 漬け込んで この後 冷凍。
こいつらの出番は 近日になります、 報告させて頂きます。

殻 破ったべ!俺。 いよいよ主婦の域準決勝ぐらい入ってきちゃったっしょ!
[PR]
by jinkamakura | 2016-07-12 19:19 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

今度は豚バラ ブロックで

何となく やる気が起きない時、メニューが思い浮かばない時、テンション上がらない時、、、
(料理の話です)
ありますよね、 っていうか 私は趣味でやってますけど、
義務でやってる主婦の方々は こんな思いしょっちゅうかもしれません。

そんな時 私は ドッカーン とした感じの料理に挑んでみたり、
(ドッカーンってのは やたら食材が大きかったり 出来上がりがダイナミックだったりって事で)
全く未知の食材にチャレンジしてみたり、

前回から 豚ロースの塊を使った料理を紹介させて頂きましたが、
(実はこれ 日を空けて3回やってます、 いい感じを習得する為の練習も兼ねてですが)
最近 自分の中で塊肉がブームになってるんだか解らんけど、
今回 豚バラの塊でローストをやってみようかと。
バラと言えば 角煮、 (実は これは女房には敵わない、奴の角煮は美味い)
物凄くベーシックな作り方で 圧力鍋も使わず 時間もかかるのはナンセンスだと思ってるのだが、
3年に一度ぐらいしか作らないので ほっときます 見ない事にしてます、が 美味い、、、

魚焼きグリルも 汚れるのを嫌がって 使うの避けてたけど、
もう慣れました、汚れるもんだし と思って。

f0176945_18334056.jpg

均等に焼き目を付けるのは難しいです、頻繁に位置を変えてたんですけど、
いい焦げ目が中々均等にはいきません、
(オーブンと違って 火が近いせいなのは解るんですけど)
付きっ切りで15~30分 流石に 私も好きでやってますけど 暇な訳じゃないし、、、、
懐中電灯で グリルの中照らしながらの付きっ切りは、、、、、
(と言いつつ 実は すっげー楽しいんですw これが)
f0176945_18405118.jpg


柔らかく焼けたっぽいので ロースと違って 5㎜厚で、
(出た焼き汁でタレを作る際 かなりの量の油は 除けました、さすがバラ)

感想ですが、ロースより断然バラの方が わさび が合う!
焼きあがってから 粗熱が取れきれる前の方が食べ頃  油が固まらないので、
スライスする際 どの部位にも油身が行き届く様 切る向きを計算すると良いです、

こちらは 女房リクエスト
f0176945_1905580.jpg

明太パスタ、 しらたき です。
本人がそう希望するんですから知りません、(ダイエットなんでしょう)
徹底的に臭み取り、(塩揉み 湯がく 水にさらす、さらに 絞る)
流石にダイエットの為だとしても 美味しく無いもん 無理に食べるのって 見てても嫌だし、
ネットで紹介されてる 蒟蒻や白滝の臭み取りの紹介では 生ぬるい!
ってほど 下拵えには時間かけてます(たかが白滝の癖に)
(海苔 切るの 途中から 飽きてきてますよねw)
以前 どこかで聞いた記憶があるのですが、
エビや貝などの下茹での際 ローリエを使うと臭みが取れると、
なら こいつにも?
あるし!今 売るほどあるし!
今度試してみましょう、
[PR]
by jinkamakura | 2016-07-08 19:14 | お料理 | Comments(0)

業務用なのか!

黒コショウのホール、カレー粉、ローリエ、
切らしてたんですが 早急に必要って物でもない、、、
(お醤油やお砂糖に比べて)

先日 ネットでまとめて買ってやろうと、
皆さん 一応アドバイスさせて頂きますが、、、
粉系のグラム、乾燥系のグラム、 冷静に判断してください、
ローリエ(100g)  
カレー粉(1㎏)
黒コショウ(500g)

葉っぱの100gって 冷静に考えれば解るはず、、、
粉の1㎏って 、、、、

とんでもない物が送られて来てしまいました、

これは業務用ですな、

さて どれも ちゃんと保存してあげないといけない奴らばかり、
密閉して冷蔵庫
(野菜室は他にも 小麦粉やらパン粉やら こんな奴らでいっぱい で 野菜なんか入りゃしない)
普段より 出番を多くして 消化しないと、

ってな訳で 最近 頻繁にカレー味、 洋風煮込み系、が連発しとります、

真っ先に(勿論)カレーです、 が。
f0176945_19441344.jpg

味見の段階で 結構 辛い、(私が辛いと感じるくらいですから ヤバイかも)
添えるお肉もカレー味(豚肉を漬け込んだやつ)
逃げ場無い感じだったので、急遽(本当に急遽でした)
オレンジを砂糖で煮詰めた奴、(少量なので小さい鍋でガンガンと)
ゆで卵、(御覧頂ければお分かり頂けると思います やっつけ感)

今回は カレー粉を早速使ってみたかった ので、
いつもの様に寸胴で大量に作ってなく 少量だったので 何とかしましたが、

カレー粉は何とかするにしても
検索かけても ローリエの葉を使ったレシピ(しかも大量に)なんて 出てきません、
普段 売ってる数枚と違って これだけの量になると 香りを感じる、(ほ~こういう香りするんだ)
[PR]
by jinkamakura | 2016-07-04 19:44 | お料理 | Comments(0)

道具

前回 トングを紹介させて頂きましたところ、
「料理好きの使ってる道具って みんな 凄く興味あると思う」
と。(多数の意見では無く 約2名、、、)
面白いかなと思い 調子に乗って 載せてみましょうか。

まずは へら(フライ返し)
f0176945_21342540.jpg

私は基本 菜箸なのですが、場合によっては こいつらの出番があったりします、
右の 竹製のヘラ(特に斜めの)は 中華鍋の際 重宝してます、
(この斜めの角度、鍋ごとに合わせて自分で削って ってのを 今進行中です、
だって 淵の角度とかピッタリしてると 最高じゃん、、、
(シリコン系のヘラ軍は今回参加していません、きりが無さそうで)

こちらは おたま。
f0176945_21465910.jpg

私は 調味料(醤油 味醂 酒 その他全て)の軽量の際、手前のスプーンを使います、
(大匙より 若干少なめだと思います)
油系もある事がある為 必ず2本はこの様に、

料理番組なんかみたいに 容器や器具を散々使っても 洗う場面が無いですよね、
現実には 一品作るにしても 洗い物しないで って訳にはいかないもんですよ、
3品なんて事になったら 台所はもはや 洗い物との追っかけバトル的な感じです、

いかに 洗い物を最小限におさえるか、その都度一々洗って 後で面倒を減らすか、
えらい料理長じゃないんですから 一般の家庭では 汚した物は 全て自分で後片付け です。

洗い物 増やしたくない、、、、箸一本でも 嫌~、、、、
そこ基準です、使う物全てが、
な 訳で 自慢気に載せちゃってますが こんなん一々使い分けてるなんて事無いです、
極力最低限の道具で済ませる努力を(調理と並行して)してるもんです。

でも こーやって 並べると 面白いですよね、
やってみてはいかがですか? 自分のウエポン(包丁とか あるでしょ)
[PR]
by jinkamakura | 2016-07-03 22:34 | お料理 | Comments(0)

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月

メモ帳

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
髪型・ヘアサロン