鎌倉 美容室 仁


火曜日定休、0467(22)8880留守の場合は 7コールで携帯に転送されます、
by jinkamakura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

待機してる

暖かくなってきました、
自転車で通勤してると 普通にしている時の体感温度とは違い、
慣れてくると(ま そろそろ3年ですし)羽織る物や下に着る素材など 上手に工夫してます。
(インナー、アウターって言うんでしょうね! 流石に羽織る は 無いか、、、w)

仕込みネタの続き、
貝です(この貝は必要が無いようですが 一応 一晩寝ててもらいます、)
f0176945_23455729.jpg


こちらは 豚の味噌漬け、
f0176945_23463840.jpg

焼くだけなので、せめて漬ける味噌には工夫をと思い、色々アレンジした味噌で。
このラップ 真空になる特殊な素材なので この様に密閉状態で保存できます。
(乱れてるのは 既に2枚取り出した後 再度密閉したので)
このラップ まだ使いこなせてはいませんが、
あれこれ試してみた挙句、 さて 今後必需品になるか 通りすがりの巷の嬢 になるか、
(今まで 冷凍手段をあれこれ試して 数種類の手法を持ち合わせる側からしたら、
もしかしたら このアイテムは 素人用なのかも 、と 少しだけ疑問を持ちつつ、探求をしてみましょうか)
[PR]
by jinkamakura | 2016-04-27 00:05 | お料理 | Comments(0)

いつもどうり が大事

避難袋の中身の再確認や見直し やはり しますよ しましたけど、

いつも通りの生活をする ってのも大事な事だとも思ってます、(いつも通りも一生懸命なんだし)

月曜~最低4日は 女房はお弁当を持っていきます、
よって 日曜にはそれなりの買い物をしておかなければなりません。
(夕飯用とは違い お弁当のおかず用となると 食材も変わりますし)
暖かい季節に伴い おかずも配慮が必要になってきます、

(書いてて つくづく 俺 すげ~な、、、って思う こんな事も自然に考えてるんだ って 感心するわ)

味付け玉子が最近お気に入りらしいので、連荘です、
f0176945_23201877.jpg

4つ可愛く漬け込まれてます、ケーキ焼く容器が合うのは さっき発見したんです、)
4番目の嬢が一番美味しくなる よくj計算されてます
このレシピは鉄板を習得してるので、今では手抜き的な部類です、
※沸騰したお湯で6分30秒~すぐ冷たい塩水~殻剥いて漬けタレ、 以上
卵をお湯に入れる前に水で濡らす、お尻部に画びょうで穴を開けておく、お湯に酢を入れる、など、
知ってる限り こんな小細工もありますが、
私のレシピのポイントは、お湯に投入する際、おたまで優しく、茹で時間厳守、白身部だけはしっかり冷やす、
これだけです、
漬けタレは 目分量なので その都度ですが、 醤油だけが基本と思えば 好みのアレンジも容易いでしょう。
(味醂と出汁 お砂糖も使う時がありますが 本当に醤油のみでも十分美味しく出来ますよ)

連日の出番が約束されてるので 日持ちの心配のある魚系も、
f0176945_2357883.jpg

レバー、サーモン カジキ、 仕込まれてスタンバイ中です。
(カジキの一部は今日蒲焼風にしてみました、 タレが旨いのは自分でも認めてますが、
器を横に避けて誰にも取られない様 隠す仕草をした場合は即決でお弁当行きみたいです、動物の反応並みです、、昔飼ってた猫が同じような行動をしてました) 

他にも 貝や肉もスタンバってます、が 同時に 薬味や調味料の用意も大事です、
何を作るか悩んだ時、冷蔵庫にある薬味に合わせて思いつく 場合もありますしね、 
生姜は切らしませんけど、 紫蘇やミョウガ、変わった野菜、昨日の残りのお味噌汁、なんか、、、
あれを どう始末するかな、って考えてるうちに 今日の献立を思いついたりする事もあります。
基本 冷蔵庫の中身を(増えたら減らす)そのループで物事が動いてるのです、

※少ない知識からですが、
備蓄する電池は 一番需要があるのは 単4です、(極端に言うと 単4で全て賄えます)
単1は一番互換性が無いので、もし お手持ちのラジオや懐中電灯などの電池のサイズが単1や単2だったとしても、各サイズを揃える必要は無く、単4を大目に蓄えておけば大丈夫です、(サイズの違いは寿命の持ちの差だけです)。

この機会にアドレス帳の価値を見直してみましょう、
連絡先以外に 各サイトへのパスやID 保険証やマイナンバーの番号、
どっかにまとめて保管する(保管と言っても 金庫とかでは無く 今の時代ですから サーバーとかが主だと思いますが、アクセス出来なければ意味も無いし)
正直 携帯電話無かったら 自宅とお店 実家 以外 電話番記憶してない、
最近 そんなこんだで 何かあった時用のアドレス帳作ろうと思ってます、
(それを読む為の老眼鏡も必需です)
[PR]
by jinkamakura | 2016-04-26 01:42 | お料理 | Comments(0)

Prince

Princeが亡くなりました、

私の彼に対する印象を シンプルに表すとしたら、 「全てに隙が無い」。
違うジャンル派から見ても 彼の存在は 恰好いい!ものでした。

お店のBGMのプログラムには裏ファイルなる物があり、
普段の仁の色(例のウルサイ系)とは全く違う系統のジャンルが入ってます、
彼も勿論 他にも MadonnaやEarth, Wind & Fire、Stevie Wonder、
Jack JohnsonやLinda Ronstadt、Ry Cooder など 全くもって見境の無い無法地帯的な選曲です、
(素直に 好き、尊敬、 そんな選曲なんですけど、ベタだしミーハーだし ってんで 掛かる事は無いんですけど)
We Are The Worldがかかるのを聴いたら それは とてもラッキーなお客様です、
あれは 別ファイルから何かのミスで潜り込で以来 年に何度か 出没するのです。
(この曲は名曲と言うか贅沢感を堪能するって作品ですね)

あらためてですが 
Princeさん
貴方が音楽界に与えた影響はとても大きく、歴史に残る事でしょう。
謹んでご冥福をお祈り申しあげます。 ありがとうございました(今後も遺作からも 学ばせて頂きます)
[PR]
by jinkamakura | 2016-04-23 00:14 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

申し訳ないほど つまらんネタですが

納豆を混ぜるのが得意です、(自称では無く 私が混ぜると一味違うらしいんです)
煽てられてるんでしょうね、、、w

ま 何でも 基本は 愛情なんですけど、
納豆に関しては 混ぜ過ぎ は無いんです、
混ぜれば混ぜるほど美味しくなるんです(あの糸の粘りこそ 旨味と栄養が高まるんです)
専用のアイテムなども売ってますが、
私の技は お箸(菜箸でも何でも構いません)の間にティッシュの丸めたのを挟み、
箸の先端が数センチ離れる様にして混ぜる、ただこれだけ。
箸が四本だと更に威力が増しますが、 洗うの手間を考えて 一善で頑張りましょう。
粘りで豆が見えなくなるほど(かなり重労働ですけど)混ぜてから
アレンジします、(大事なのはプレーンの状態で十分混ぜてから タレを投入です)
この状態で食すと 泡を食ってる感触 これが 基準です。

毎回 思いついた物を何かしら隠し味に入れます、
海苔の佃煮 ツナ など ここ最近登場してますが、
マヨネーズやオクラ なめたけ キュウリ 豆腐 たくあん めかぶ  、、、
ちょっと冒険するにしても 細かく刻めば結構何でもいけるもんです。

合わない物を挙げる方が難しいか、(お肉かな カレー系や果肉も駄目かも)
他になんか無いかな なんて スイカとか想像して もう止めた、、、キモくなった、、、 
[PR]
by jinkamakura | 2016-04-21 00:11 | お料理 | Comments(0)

珍しい しかも貴重

頂き物です
山椒の若葉
f0176945_22274685.jpg

丁寧な扱いに包んで頂きました、

さて、、、どうすっかな、、、

まずは迷い無く 何か思いつくかと そのまま食ってみてから、、、、
ん~、、、
鰻だな、 高いから  淡泊な白身魚でいくか、
でも 添えるだけっての嫌いだし、

ベタで行くか!
f0176945_22344511.jpg

ベタですけど 色々アレンジしてみました。
お味噌です、(思いつく限り色々入れてみました)
卵黄やニンニクもありでしたが(毎度の事ですがにニンニクは我慢して)
数日で食べきるなら 入れる食材はルール無しだと思います
今回は日持ちも考慮したので、それなりに考えた食材を使いましたが、
それでも10種類は使ってたかもしれません、
面白かったです 作ってる時。それが一番w
後日 炊き立てのご飯で挑んだ際、
(明日 するめいかを買って 塩辛作る! そんで 一緒に食う!)
生活の中でも かなり小さな野望が芽生えた瞬間(こんなのが楽しいんだよ)

お茶漬けでもいけるのでは と試しましたが、
(ただのマニアックな味噌汁のぶっかけ汁的な感じになってしまったので もう少し工夫が必要でしたねw)

おにぎり にしたら 泣くな 間違い無いな。
※摘みたてを頂いたんですが、 香りの劣化が早いです、即利用をお勧めします。
[PR]
by jinkamakura | 2016-04-12 22:55 | お料理 | Comments(0)

思いついたら即

場合によっては ”即興”で出来た物こそ 斬新で良い物だったりします、
作曲がそうでした、
お風呂に入ってる時思い付いたのとか、(降りて来るとも表現しますね)。

今日 ふと 降りてきたんです、
海苔の佃煮が、、、。
思い付いたら あとは早い、使いかけの板海苔があったし、
複雑な味ではなさそうだし 自己流で大丈夫でしょう、ってな訳で。
一応 出汁はとっておき、(これが後に大変役にたちました)
基本 佃煮系で始めたのですが、
海苔が水分を吸うんだこりゃ、
出汁200㎜ほどは吸い込みやがる、
そんで その後 煮詰めんだから 味付けも結構難しいかもしれない、
(最終的に 醤油は結構多く使いました)
山椒が欲しかったのですが 切らしてたので ちりめん山椒やその他も足してみました。
七味で辛くしても、椎茸やジャコなんかも良いと思います
(つい使いそびれて保存したままの海苔は どうせ海苔としては活躍出来ないでしょう
 是非こんな活用をお勧めします)
※海苔は出来るだけ小さくしたほうが良いようです。
f0176945_9135036.jpg

左が海苔の佃煮 中央は竹輪明太マヨからし(竹輪は焼くか茹でてから使うと臭みが無くなり美味しくなります)右がシーチキン(これは次に登場する鮭のカマをほぐしたバージョンです)
上は生姜(珍しい海外の産地だったので試しに購入)と梅酒の梅のみじん切りを佃煮風に、
※炊き立てのご飯に乗せたい 四種 と お茶漬け用にワサビとお出汁か焙じ茶付 御前 ¥700
※ご飯もおかずも全ておかわり自由&本日のお勧め酒一杯、肴の小鉢一品 ¥さて ど~すっかな、、、
鎌倉だしな~、、、1500じゃ高いかな~ お肉系が無いからな~、、、でも鮭とか明太子だってお肉並みの原価だし、皿や小鉢の数が多いほど 手間賃も加算するし、ランチタイムはお酒は一杯だけにして長居を避けたとしても、炊き立てって言ってるからには 一人分づつお釜で炊かなきゃ って事になると、コンロ何発必要なんだよ、、、
って おい! 妄想癖 でも よくこんなシミュレーションします、やっぱ観光地だから つい ね。

以前も書いた事があると思いますが、
魚の血合いや粗 などの部位を美味しく調理するのも また楽しいのです。
今回はサーモンのカマです。
f0176945_0224746.jpg

下処理もさほど面倒ではありませんし、そのまま塩焼きにしても美味しい部位です。
焼き目をつけてからお酒で蒸し焼きにしてみました。

皮のついてる部分は(皮が美味しいので) 別に調理してみました。
f0176945_0244769.jpg

しっかり焼いて ネーブルと合わせてみました、

先日購入した 鰹の血合いと粗部位は、
煮つけた残りを(冷蔵庫で保存すると固くなるので)ほぐして オイルで再度煮て シーチキン的な感じにしてみたところ 絶賛だったのですが、(お弁当に入れてたので 高得点頂いた様です)
さすがに これを作る為に 煮付け~、、、の段どりを踏まえるのは 勘弁ですが。
今回は煮付けのアレンジだったので手間かかったっぽくなりましたが、
今度自作シーチキンのレシピを完成させてみたいと思います。
魅力ありますよ自作のシーチキンは、 素材は マグロでもサバでも鮭でも出来ますし、
贅沢では無い部位で出来るので 手間を惜しまない時には 是非お勧めです。
[PR]
by jinkamakura | 2016-04-06 00:35 | お料理 | Comments(0)

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月

メモ帳

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
髪型・ヘアサロン