鎌倉 美容室 仁


火曜日定休、0467(22)8880留守の場合は 7コールで携帯に転送されます、
by jinkamakura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

痛み止め

親知らずを抜いた時に貰った痛み止めの薬が9回ぶん、
一錠の間隔が5時間となってましたが、
術後の麻酔が切れるのを見計らって飲んだ薬の効果がちょうど切れる時間に
なんとなく 痛くなりそうな気がしたので 一錠(夜9時です)飲んでおきました、
9回ぶんも処方してくれてるのですから さぞかし痛いのが数日続くのだと思いきや、
飲んだのは それ一回っきり、、、
翌日の朝から 違和感はあれど 痛みは全く無し、
(9回ぶんって、、、計算解んないけど どんだけ痛いの続く予想だったんだろう、、、)
抜歯の際 翌日に様子を見る為に通院は知ってましたが、
消毒して終わり、そんなもんです、
ですが、 怖いのは バイ菌です、
抜糸までは気が抜けません!
消毒も自主的にしてます、

ここで 思い返してみてください、
両方の奥歯で(口一杯全部の歯で)思いっきりムシャムシャと噛んだ事 ありますか?
いつも 何かの歯をかばって噛んでませんか?
無意識のうちに 噛む歯 の優先順位があったりしてますよね、
そーゆーの 意識しなくてもいい様に 暫くは通院して 細かいとこも治してもらいたいと思います、
通い癖が付かないと 歯医者さんて行かないもんね、、、
[PR]
by jinkamakura | 2016-02-24 22:21 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

楽しみが無い この数日

 帰ってお酒飲む事が本当に楽しみで生きてるんだな~って  つくづく実感させられますよ、、、

今日 親知らずを抜きました、 一時間ほどで済みましたが、
さて いつもなら、
疲れて帰ったら   真っ先に!!!
嫌な事あったら   真っ先に!!!
嬉しい事があったら 真っ先に!!!
何にもなくても帰ったら 真っ先に!!!

そうなんです お酒飲めないんです(タバコも駄目)
さらに 食べるのも怖くて(プリンとバナナなんて帰りに買ってみたけど)
な~んにも する事ない、、、
でも 夕飯は作らなくてはならない この情けなさ
f0176945_2065194.jpg

まだ蒸す前です、こんなこともあろうと 餡だけ昨日仕込んどきました、
ぐったりしてても 包む作業ぐらいならと、(悲しくなるっしょ 可愛そうっしょ?)

さ~て、、、この数日で 健康な方向に向かうか、
(それはそれで複雑ですよ、酒が体に負担かけてる証拠になるし)
はたまた 
生きる楽しみを奪われたせいでため息ばかりな毎日になるか

ま 大袈裟ですな ほんの数日なんだから。
[PR]
by jinkamakura | 2016-02-19 18:33 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

ってな訳で(前回の続きっす)

夜が回転寿司なので せめてお昼ご飯は作りたいじゃん、
昼も ほかべん 夜 回転寿司 って、
いくら何でも そりゃ殺生ですよ 姫様に尽くす事が生き甲斐の奴隷にとっては、、、。
見た目 そうでも無いんですけど、サンドイッチです、
f0176945_17531654.jpg

何故か女房が進めるのがシンプルな物ばかりで、
結局 たまご ハムチーズ をメインに
私のオリジナルで 生姜焼き&ポテサラ キャベツ、
トースト仕様も含め 全部で6斤ぶん、
セロリのピクルスは自信があって、多分好評っぽかった感じです、
今回も 耳の揚げたのを作るつもりでしたが、
6斤ともなると その耳の量の凄い事ったら、
砂糖とシナモン はちみつを絡ませてみましたが、
夜になる頃には殆ど食べきってくれて、
焼きたてのパンの耳と 新しい油、シナモンは取り寄せ、揚げてから一晩かけて油切り、
美味しくなれ と 頑張ったのを 沢山食べてくてれてるのを見ると 報われます。
(これも 小町で売れる様な気がするんですけど、なにせ原価から割り出した売値を考えると
よほど数売れないとやってけませんな、でも 美味しいんですよ 本当に、、、)

しかし 暖かい、、、パーカーでもいいんじゃねえか(自転車でも)
[PR]
by jinkamakura | 2016-02-13 20:14 | お料理 | Comments(0)

楽っちゃ楽だけど、、、

姪は 皆で回転寿司に行くのをずっと楽しみにしておった様で、
もてなしたい 私の胸の内も酌んでもくれており、
しかし そこは子供、顔に思いっきり出ております、
(隠す気も無いのか 隠してる自分を健気だと察しろよ とアピールしておるのか)
今夜の夕飯は 念願の 皆で回転寿司!(俺もちょっと楽しみだったりしちゃってたから しゃ~ね~)
家から歩いて10分ほどにある 大きな巨大テンポなのですが、
事前にパパが予約をしていなければ一時間以上は待たされたであろう混み具合、
(流石のパパの判断には脱帽ですな 子供のいない自分にはそのあたりの苦労知らないからね)
あ 勿論 歩いて10分ですが 車での移動なので 定員オーバーの為 奴隷は自転車です、後を追います。
食事中ビールは飲ませてもらえません 生き地獄です
帰りも お腹一杯で幸せの状態で 寒い中 自転車で車の後を追わなければならないので

ただ そんな奴隷にも ご褒美がありました、
ちょっと早めのバレンタインを兼ねてのケーキです、
(絶対 勘違いしてるんだよ なんでケーキがご褒美なんだよ いつからそーなってんだよ!)
切り方に文句を言われつつ 一緒に頂きましたが、、、、
やっぱ 奴らが買って来るケーキは 特別旨いんだって、どんなに敵意を持って挑んでも
隙が無いもん美味しに、クリームもスポンジも何一つ文句が出てこないもん、
(値段聞くの怖いから口に出さなかったけど 高いんだろ~な~)
ケーキとお寿司の値段が高い訳は 最近少し納得した、
(見たり聞いたり調べたりしただけじゃ解らない部分も経験すれば納得出来る事もあります)
お寿司に関しては 技術料も含まれれば あの値段も納得(し難いけどねw)
ケーキの場合は 材料費、嫌いな私でも笑顔になる、美味しくないケーキは一口で嫌な顔になる、
やはり材料なのではないかと、腕が良くても 材料が悪ければ って事で 納得(し難いけどねw)


指名料やら トップスタイリストだから他のスタッフより料金が高い美容師さん、
たかが そのお店でトップって事でしょ? 他のお店でも そのポジション通用しますか?
三人集まれば 順番は付くもんです、 
勘違いしがちなのは 下がいるから 一番が存在しちゃうとこ、下がいるお蔭で一番ってのは、
まさに 井の中の蛙 (大海を知らずってのは 付けるとニュアンス微妙に変わるんですよね)

ハイレベルな三人の三番目と
低レベルな三人の一番目と、、、さてね~ 料金納得出来ますか?
 

いかん いかん こーゆーの絶対ブーメランになるから、(自分に言い聞かせてる部分もあります)
[PR]
by jinkamakura | 2016-02-12 01:09 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

やっつけで作った時のほうが美味しい

自分では複雑な思いでもあるんですが、
共通の休日のお昼ご飯や 私が休みの日の自分の為に作った やっつけのパスタ、
それがとても 美味しいらしいんです、
奇を衒って無く シンプルで安心出来る味らしいのですが、
(複雑ですよね~、、、味付け たいがい 塩 胡椒だけですよ)
私は 基本 自分の為に作るのは 面倒で かなり手を抜きます、
(と言うか 生きる為に仕方なく食べる感じです)
これなど まさに 面倒くさい ワンプレート
f0176945_2354618.jpg
 
一応 鶏は開いたりしてますけど、余ったカレーにヨーグルト入れただけ、 余った水菜のサラダも面倒なんで
一緒に皿に、、、ご飯の時もあるし これがパスタになる時も、(パスタの時なんか、鶏焼いた油が残ったフライパンでそのまま炒めちゃうし、
しかし この中に 隠れた極上の調味料があるんです。

水菜のサラダを和えたポン酢、これ手作りなんですけど、
暮れから まだ食べきれていない おみかん、
こいつら ダメにするのも可愛そうなのでと 二度目の救済をと思い、
みかんの他にも ゆず や お出汁を使って 作ってみました、
やはり お砂糖は必要です、が 他に人工調味料など使って無い分安心ですし、
工夫する部分は 柑橘系の組み合わせ(数種類は使った方がよいのですが、お好みに合わせて組み合わせを見つけるのは面白いです)
簡単なわりに 美味しく出来るし 市販は二度と戻れないほどの 優しさに差を感じます、
是非 手作り試して下さい。
これやったら 麺つゆも作りたくなりますから、(昆布使うので日持ちに問題がありますが、
その場合 塩入れておくと長持ちします(そのままお吸い物に使える程度の塩梅で)
冷凍保存でもいいですけど(やってみたけど 冷たく使う時に溶けるまで待てないよ)
ピクルスや生姜漬けなどは お酢、
醤油漬けは言うまでも無く、
唐辛子なんかは 虫除けや防腐、
塩やお砂糖も 保存の為に使用するなんて
ずっと昔(江戸時代よりもっと昔)から利用されてたんです、
それも凄いけど もっと関心するのは 今でも同じ手法が活用されてるって事、
こんなに進化してるのに 100年も前から同じって凄いと思う、
もっと科学的に合理的にと 見直す事もあっただろうに 
それでも(米櫃に唐辛子一本)って100年前と同じ結論になるんだから、
100年前さんに頭下がるわな、、、
[PR]
by jinkamakura | 2016-02-12 00:31 | お料理 | Comments(0)

自慢気に言うほどの技かどうかは

天津丼 かにたま丼 などの ふんわり卵を作る際に 私なりに ちょっと工夫をしています、
(ご存じの方が少数だと思ってるのですが どうなんでしょうか うぬぼれなのかな)

一人分だと 卵2個です(3個は贅沢でしょう、一人暮らしの給料日ならともかく)
卵2個のうち 1個分の白身だけをメレンゲにします、
(固さこそが お好みなポイントです)
”つのが立つ” 一般的な固さのちょい手前を 基準としてみると良いと思います、
味付けは このメレンゲにします、(胡椒、醤油、スープ、塩 など ここは お好みです)
ただし 好みの固さまでメレンゲにしてから味付けして下さい、
調味料によっては 先にいれるとメレンゲにならない物もあります、
味付けはお好みですが 黄身を使う料理で 黄身に下味と言うのを 知らないので、
すなわち 黄身はそのままでも美味しいって事でしょう、
普通料理には使わないメレンゲの面倒を見た方が賢明だと考えたのさw

別に分けておいた 黄身 全卵 各1個を混ぜ、そこにメレンゲを加えます、
ザックリ混ぜて(具を入れるならここで)
※入れる具材は 先に火を通してください、
(仕上げのふっくら は 卵をふっくら させる為だけの作業なので)
フライパンに流し込んで 蓋とか使って(ホットケーキみたいな感じの焼き方で)
※この技法は 最近持て囃されてる”パンケーキ”などでも使われてる事から盗んでみました。

同時進行で 餡かけを作って下さい、
これも 家族みんなの好きな味で、

さっきの メレンゲの味付けとのコラボを考えると 悩まなくても決まるでしょ、

今回は 結構ベーシックな  甘酢餡かけ
(豚肉 ねぎ の本当にベーシックなやつです)
f0176945_21422390.jpg

これご飯少ないんですよ 本当に。
(もし 甘酢で飯一杯いける!って出来だったら 卵とご飯の間にもかけてやって下さい)
スプーンを入れても 中々ご飯に辿り着かないほどの フワ過ぎる卵です、
[PR]
by jinkamakura | 2016-02-08 21:49 | お料理 | Comments(0)

忘れられた奴の救済

お正月に使ったクリームチーズの残りが冷蔵庫に居る事をすっかり忘れてしまっていて、
(使ったのは少量だったので180gはあったでしょう)
まさか もうカビはえてんだろーな~、、、なんて 恐る々見てみましたが、
何の問題も無さそうな、匂いも大丈夫そうだし、
(カビるには さらに酷い環境下でないと ってなぐらい 防腐剤とか沢山入ってんだな~、、、)
早急に何とかしないと!
しかし 私のレパートリーの引き出しの一番上の段には
ベタな チーズケーキだったのでした。
急を要するのですし 仕方ない ベタでいくか、、、
過去 何度か作ってるので、今回は自己流(目分量)で作ってみました、
見栄えは良い出来、
ただ 私は味見が出来ない、
いつもの様に 女房に味見を頼む、(これ系は毎度の事です)
感想ですが、
「何が足りないか 解らないけど 不味くは無いけど美味しくはない 自分の舌で考えなさい」
との事です。
そりゃ 自己流だもん 不安定なのは解るけど、
ご意見番から適格な意見を頂けないってのは こっちとしても難題な訳です。
本体の味はもう手が出せないので、思い付きで試行錯誤。

まず ざらめを降りかけ バナーで焦がす、
サングリアを作った時のフルーツを砂糖で煮詰めてジャムにして乗せる
さて 変貌を遂げたとこをご覧ください
f0176945_1816392.jpg

ソースは 本当は 大きいのから小さいのまでのポタポタ的なのをやってみたかったんですが、
いきなりスプーンからベチョっとこぼれちゃったんで
その途端 キー!!ってなって  こうだよ、、、><。

結局 この手の物って 足し算なんだよな~ 奴は結局全部食べてたもん、
はい 今回も 俺の勝ち(敗者復活から勝ち進んだんだけど)

節分の時に買うお豆さん、 あれ うちでは何でもいいんです、
縁起ものの行事程度だが やらない勇気が無いだけで、
一応撒いてます(三粒ですけど)
残ったお豆さんを 毎年こうやって何かにします、
基本は 水に浸して戻してから煮豆なんかにします、
今年のは 女房がコンビニで買ってきた おつまみ用の こーゆーやつで、
f0176945_2185844.jpg

(これ今 水で浸してる状態)
面白いから これ入れてご飯炊いてみたり、煮てみたり 色々やってみたけど、
お弁当に持っていってるみたいだから あながち悪くなかったのかな、


男の料理シリーズ 次回は 「まず 女房の立ち振る舞いを観察すべし」 こうご期待w
[PR]
by jinkamakura | 2016-02-07 21:09 | お料理 | Comments(0)

男の台所シリーズ 1

お客様に促されたのもあって
こんなコーナー 思い付きで書いちゃって どうなる事やら、、、

基本 男は 何でも遊び感覚から始まり”ハマル”もんなんです、
例えそれが お風呂掃除だったり 鍋磨きだったりしても、
遊びなら 喜んでやります(むしろ やりたがります)
厄介な事になる可能性もありますが、上手くコントロールしてやると 使える奴隷を手に入れた様なもんです。
(生き証人が言うんです 保障しましょうw)

 では まず ご飯を炊く、から。
ご飯を炊くのは 教えれば誰でも出来ます、が
ご飯が炊ければいいってもんではありません、
あくまでも 台所仕事の一部ですので、沢山のセオリーがあります。
例えば
米櫃からお米を一粒も溢さない、勿論濡れた手で扱わない、
研ぎゃいいってもんじゃない、

噴きこぼれたレンジ廻りも意識して、
炊き終わった鍋は用が済んだらすぐ水に漬けて洗い安いように、
しゃもじ は 油汚れ物と一緒にしないで、
残ったご飯は出来るだけ早めに 冷凍、
(ラップも贅沢に使わず 最小限のサイズを覚えて)

知らなかったかもしれませんが 実は ご飯を炊く事より 他に面倒くさい事だらけなんです、

思いついて書いただけですけど ウザいっしょ やる気無くすっしょw
 (+奥さんの領域のルールも入ってくるから、さらに20項目あるかもね)
こーゆーの全部含めてクリアして 「ご飯炊けるんだよ ボク」って 言えるんですよ。
さて 覚悟出来たら 挑戦しましょう、
同朋が増えるのは とても楽しみです、一日の長というだけで上から目線な物言いですが、
一日先輩なんですから そこはショウガナイw

〆 後片付けも含めて台所仕事、 ゴミの片づけや水滴まで 最後まで責任持ってこそ 「やった」 と言える
[PR]
by jinkamakura | 2016-02-04 23:03 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月

メモ帳

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
髪型・ヘアサロン