鎌倉 美容室 仁


火曜日定休、0467(22)8880留守の場合は 7コールで携帯に転送されます、
by jinkamakura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

本当に 今年の冬は

お重(お正月の御節)は 玄関の寒いとこに置いておく、
これは 私が物心付いた時からの習慣でした、
何の疑問も持たず ずっとそうしてました、
が、、、
マンションは基本暖かい、
帰宅して玄関に入った時 暖房消し忘れたかと思うほど暖かい、
(自転車で凍えて帰ってくるので 余計そう感じるのかもしれませんが)
さらに 今年の冬 暖かかったんでしょう。
お正月 さんがにち、お重の二の段の煮物が 二日目に 逝ってしまいました。
(里芋は あえて別に炊いて一緒にしてなかったんですけど 人参の奴が、、、)
昔の家は北側は殆ど氷点下だったんだろ~な~、
京都のばあちゃん家なんて土間に霜降ってた記憶あるもん。
そんな昔の習慣など今は通用しない事を思い知らされました、快適な環境には代えられませんけど、
やっぱ 作った料理がダメになるのって 凄く切ないです。
冗談で 自分が食べ物屋をやったら なんて考える事もありますが、
お客様の残した食べ残しを捨てる時も そんな思いなのかな、と そんな事思った事なかったから、
やっぱ 食べ物屋は出来ませんね、残して帰るお客様が許せないかもしれない。
(私は過去 出された物を残した記憶がありません、これは間違いなく祖母と母の躾だと思います、
姪がUFJのハリーポッターのとこで買ってきた 鼻くそ味やら何やらのキャンディーも
勧められれば全て食べましたw ありゃ 良く出来てますなww)

さておき 冷蔵庫の補充要員も安心してられないと思い、
煮物軍はその晩 カレーにしてやりました、
(グリーンカレーならごちゃ混ぜでもカモフレるかと思い、目ぼしい具材片っ端入れてやりました)

自転車での(特に夜遅くなった時の)装備もレヴェルがありますが、
今年はまだ完全装備(レヴェル5ってやつ)に至ってません、
スキー用の手袋に 耳あて、ニット帽、マフラーで鼻まで隠して、ヒートテックの上下&腹巻。
これが 冬の最高レヴェルの完全装備なのですが、
北鎌あたりで 前のファスナー開いて マフラーも緩めるほど、
お店に着いた頃には 汗かいてるし、
ま じっとしてるのとは違うからだけど 厳しい と感じるほどでは無いので、
暖かいんでしょうね 今年の冬は。

さて
前回書きました 年に一度 女房が料理をする話でしたけど、
ご飯の炊きかた 知りません。
うちは炊飯器では無く 鍋派なので 余計に解らないと思います。
どうせ わかんね~んだろーなと思い こんなメモを残しておきました、
f0176945_18471533.jpg

※2合 お水400mm 真ん中のコンロ(火が一番小さい)で最初はフルの強火 沸騰したら一番小さくしてタイマー8分、 暗号みたいですが 要点は書いてありますよね。
勿論 事前に口頭で説明もしておき、念の為のメモですが、
炊き方を覚えたせいか 数日後 自分のお昼ご飯用に炊いてました、
まあまあの出来でしたが(研ぎ方や さらし 漬け時間などは知らないので そこは大目に見てやりましょう)
って これじゃ 定年退職した亭主が一日中家にいるんだから せめてご飯の炊き方ぐらい覚えさせよう的なのと一緒です。
いや 奴は本当は料理は出来るんです、(だから結婚してるんですし)
出来ないフリしてるのは解ってるんですけど、
多分 本当に出来なくなってしまったのかもしれません、
めしも炊けない女房って どうなのよ!(これ基準だとして)
めしも炊けない旦那ってどうなのよ!(って事になると話変わってきますよね)
全国の旦那 飯 炊けねー奴一杯いるよな~、、、
せめてご飯ぐらい 炊ける様になろうかw(上手にね)
何なら アドバイスのコーナーでも設けてみっかな、
男の料理 入門編、(ただし!厳しいよ、洗い物は勿論、水滴も一切残さないほどの後始末も含めてだかんねw)
[PR]
by jinkamakura | 2016-01-28 19:01 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

年に一度 奴が台所にやってくる

毎年このテーマで書いてる気がするんですが、
はい  年に一度のこのイベントが、、、
私の誕生日に 女房が料理を作るのです。、
逆で想像して頂ければ 容易に納得して頂けると思います、
年に一度 奥様の誕生日もしくは結婚記念日に ご主人が料理を作る 的なやつですなw

私に先立たれた時の為のリハビリのつもりで頑張りなさい、、、w

毎年 日が近づくと オーダーを聞いてくれるのですが、
毎年 リクエストは同じです、
f0176945_2223328.jpg

カキフライです。
私はタルタルソースが大好きで、特に人の作ったのを食すのがワクワクするんです、
牡蠣風呂に入りたいほど牡蠣好き & これで飯食えるほどタルタルソース好き!
もう この皿は ネバーランド状態ですなw
かにカマとキュウリのサラダも 私のリクエストです、
キャベツやブロッコリーも自分のとは違う切り方や茹で方なので それも楽しいですね、
(ブロッコリーはグニャグニャです、茹で具合の勘も 流石に一年ぶりなら 鈍るかw)

最後の晩餐に何を食べたいか 的な 話がよくありますが、
誰が作って 何処で 誰と一緒に とかによりますよね、
地球最後の日に 何を食べたいか?、

私の場合は 地球最後の日に 大好きな人に何を作ってあげて 笑顔を見たいか、
そして なんとしても 皆で生き残る方法を考え 最後まで悪足掻きをしてやろう、
そう考えちゃいました。

ちらっと写ってます 煮つけ
f0176945_22101326.jpg

生たらこが出回ってますね、
丁寧に優しく扱わないと破裂してしまいがちです、
(煮付ける前に 二つに分ける必要が無かった事を後で後悔しました、)
ちょっと ツブがこぼれてます、(こーゆーとこ サラっと完璧に仕上げられる様になれたらいいな)

この手のちょっとした おかず的な物は 女房がお弁当に詰める事を考えて、
食卓に出すより 若干濃いめに味付けするようにしてます。
(玉子焼きも お砂糖とお塩を入れたり、甘酢も少し煮詰めたり)
美味しい!とかもそうだけど おかわり!とか もうないの? って 言葉頂く時って 最高ですよね、
ま 普段のこーゆーのは 姪達の為の予行練習なんだけどねw
[PR]
by jinkamakura | 2016-01-19 22:32 | お料理 | Comments(0)

誕生日

今月が誕生日なので ちょっと早めに届きました。
出勤前の朝に届いたので、早速 帰りに食材を購入、
何の事やら   と 思いますよね、
まずは 先に その日の夕飯から
f0176945_2114016.jpg

豚かつです、(いつもの様に ヒレを叩いてます)
何故 豚カツなのか、、、、
主役はこいつではないんです、
キャベツの千切り! と 白菜!
実は今年の誕生日プレゼントが これだったんです、
f0176945_2152590.jpg

菜切り包丁。
これ 一度使ってみたいと思ってたんです、
なんか 刀の国の歴史を感じる形状でもあるし、テンションも上がります、
で、
兎に角 野菜を切らせろ!なんでもいいから切らせろ!と呟きながら
帰りに真っ先にキャベツと白菜を買った訳でした、
切りまくりたい訳なので 当然 千切りです、
そうなると 豚の生姜焼きか 豚カツ の二択しかありません、

早く慣れたいので しばらくは やたらと野菜と戯れるとおもいますが、
三徳や洋包丁をメインに使ってたので、
先端の形状や重さなど ちょっと中華包丁感 あります、
何故 刃が湾曲しているのかも 使っているうちに解明できたらと思います。

番外で
こちら サメです
モウカさめではなく 違う種類の物が最近旬なので、
身は竜田揚げにし 骨回りは煮つけてみました、
f0176945_2125540.jpg

白身のふっくらした感じで 淡泊な味です、
見つけたら即買いの食材です、
[PR]
by jinkamakura | 2016-01-14 21:28 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

決して甘党になった訳では無い!

言わずと知れた 甘いもの嫌い、
バレンタインには 焼酎や梅干しなど頂くほどの 筋金入りの 甘いもの嫌い(それじゃ趣旨違ってくるじゃんw)
の ハズなのですが、
どうした訳か 皆が来る際に 恒例になってしまっている 食後のケーキなんですが、
(そりゃ 美味しいお店のバカ高いのを買って来るんでしょうけど)
美味しいんです、、、 とても。
みんなと食べてて とても感動するほど 美味しいんです、
もしかしたら 馬鹿舌になったのかも、 と心配してたのですが、
(甘党にはなっていないはず 相変わらず 普段 一切甘いもの欲しがりませんし)
先日 女房が買ってきたケーキを一緒に食べたところ、
(美味しくない、、、)
解るんだ!! 美味しいのと そうじゃないの違いが!!
良かったw 舌 馬鹿になってなかった!!!

いくらお菓子嫌いといえど 食材の良し悪しは 味に出ます、
カステラが嫌いでも 良い卵と 良いバターを使用した物と
粗悪な素材を使用した物の区別は つくものです。
きっと いつも買ってきてくれるケーキは凄く美味しいやつなんだろーな、、
好きな人は そーゆーお店 ちゃんと知ってて 買うんだな~、、、と感心するのであった。

 今回のお正月も 恒例行事 義理弟が買ってきてくれました、
f0176945_0402925.jpg

不思議なのは 何故 切った断面が綺麗なのか、
セロファン巻く時難しいんだろーな とか、
どれも こんなに綺麗なので 一々感動しながら 食してあげないと、

でも 本当に感じます
もういらない って ケーキもあれば もういっこ食べたい ってのも あります、
甘いの嫌い派でも 食材や原料は感じるものなんですね、
(あ でも 二個は無理です 美味しいのは解るけど 流石に 二個は、、、)
[PR]
by jinkamakura | 2016-01-11 00:56 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

今年のお正月も恒例の

大晦日 いつもなら 紅白など観てる余裕など全く無く、(いつも録画でした)、が、
今回は 仕事収めが早めだった事もあり、
準備に余裕もあってか、オープニングからゆっくり観ちゃいました、
わが家は毎年 ジャニーズカウントダウンを観ながら 年越しそば と御節を頂くのが恒例なので、
(これは女房の趣味ですからね)
後半に差し掛かる時間には そばを茹でたり なんやかんやで台所には戻らないとなりませんが。
そのあたりは 全国のお母さんも一緒だと思います。
f0176945_19541646.jpg

(明日も含め お正月料理で 買った物をそのまま参加させるのは 手前の〆鯖だけです)
今年の目標として、この〆鯖も手作りするつもりでおります。
本当は 毎年 内容はさほど変えないのですが(毎回工夫してる暇がある訳がないんだよ 仁の方が忙しいんだから)
なますの変わりに 紅白千枚漬けを真ん中に咲かせてみました、
レバーと牡蠣の時雨煮
レンコンのたらこ詰め
サーモンのチーズとアボカド巻
牛巻
里芋(これ 私が大好きなんです)
面白いのが 気まぐれで作ったお善哉が お善哉としては不評だったのですが、
こうやって 煮豆として潜り込ませてみたら 皆食べてました、
(ま 味的には 黒豆風ですし)

これは わが家(2人だけの年越し料理)です 形式だけはそれっぽく ってな感じです。

翌日からが 全身全霊を賭け 精根使い果たす訳であります(by奴隷)
f0176945_20121187.jpg

f0176945_20164198.jpg

f0176945_20193360.jpg

お寿司は前回と違い 握って皿に並べておきました、
(あれは 握る側も食べる側も 落ち着かない そう指摘もありましたので)
ブリ照は自信のある一品なのですが お重にいれ忘れたので ストックのまま出しました、
茶碗蒸し は 一度予行練習したところ(初めて作ったにも関わらず)褒めてもらえたので、
参加さてみました、難しいと言われがちですが、シュークリームの生地を膨らませるのに比べたら
ちょちょいのちょい で出来るので、もしかしたらシュークリームの生地も再度チャレンジしたら、
(いや あれは 二度とやらない!)
お雑煮にお餅を入れると 子供達は お腹が一杯になってしまうので、
豚汁を作っておき 希望者には いつでも出せる様スタンばってましたが、
朝 昼 晩 と 全て飲み干して頂きました、
忘れてはならない ローストビーフもあります
f0176945_2223241.jpg

山わさびを使った醤油タレと 果物を煮詰めた洋風タレ の二種です、
たいしたお肉では無いのですが フォアグラを包んで食べると完成度がMAXになりました、
(コスト的にどっちがいいのか解りませんが 安いお肉と 安いフォアグラの組み合わせが実現するなら、
それにこしたことはないのでは無いか と思われます)
ここまでの写真を撮った時点で、保存の為PCに繋げたまま放置したお蔭で、
デジカメのバッテリーが無くなり その後の写真は撮れませんでした、
(毎回思うのだが 全員写真撮れんじゃん! 誰か撮れよ!)
翌日の朝食と 昼食 夕食のお好み焼きの画像は 残念ながら、、、

ま 毎年 2日の夜に皆が帰った後、 自分の部屋で一人になった時、
(遂げた? 今回も ちゃんと 遂げた? ちゃんと予定通り 任務遂行した?やり残した事無い?)
そんな 一人反省会をしながら じわじわ 遂げきった達成感に浸るのです、
[PR]
by jinkamakura | 2016-01-04 20:46 | お料理 | Comments(0)

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
段葛の提灯は今年も残念でしたが、
今年の春にはバリケードも外れるらしいので、
新規一転の鎌倉 の年という事になりそうです、
[PR]
by jinkamakura | 2016-01-04 00:02 | お知らせ | Comments(0)

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月

メモ帳

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
髪型・ヘアサロン