鎌倉 美容室 仁


火曜日定休、0467(22)8880留守の場合は 7コールで携帯に転送されます、
by jinkamakura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

セロリの葉を 持て余した事はありませんか

ブロッコリーの茎の固い部分も どうにか美味しく調理できないもんか、
まぐろの血合いの部分なんか佃煮にしたら美味しいのに 何でみんな買わないんだろ、、、安いのに、、、。
なんて 奴です 私は、
セロリの葉など 全て使い切ってやるに決まってます!

細かく刻めば ドレッシングや炒め物などに潜り込ませてもいいし、
干して乾燥させて 細かく砕いて お塩と混ぜて 自家製クレイジーソルトなんかも、

コスパの素晴らしさの割には 人気の無い 鶏胸肉ですが、
あえて ひき肉を使わず 荒く叩いて(結構荒いです 1㎝が精いっぱい)
セロリの葉と一緒に揉み込で餡にして レンコンで挟んでみました、
(セロリが参加してるので カレー風味にしてみました。)
f0176945_19503831.jpg

もう少し焦げ目が付くまで待ってね、

鶏胸肉を美味しく作るレシピは 永遠のテーマです、探求するのも楽しいです、

もう一つ、鶏レバー、砂肝付きに限る!
こーゆー部位系は 下拵えなんかの方が手間と時間掛かったりするんですけど、
(マグロの血合い部とか すじ肉とか もそうですよね)
冷蔵庫開ける度に (あ これ 下拵えしてるボウルだ 何だっけ あ レバーだった、こっちのは? あキュウリ塩もみしてた)
なんてのが 楽しいんです、(前日の下拵えの事覚えて無い事もありますしw)
鶏レバーは あっさりと火を通して タレは煮詰めて 絡める、 私のレシピです、
(下茹での際 60℃になったら火を止めて放置 そのまま冷めるまで)
f0176945_20698.jpg

ネギと生姜を漬け込んだお醤油を使用したので とっ散らかってますが、
フワフワで甘辛いタレに絡んでますよ~、 今食べてくれないと 明日には固くなります、(何でかな レバーの難しいとこって そこなんだよな、、)
[PR]
by jinkamakura | 2015-11-21 20:15 | お料理 | Comments(0)

今年は べったら漬け に挑戦

実は 私は発酵系の物が苦手です、
いえ 食べるのは大好きですが 作るのが苦手なんです。
早い話 自分が信じられないのです、
(早い話を詳しく説明するのも変ですが)
発酵の段階で 美味しい(正解)の方向に向かっているのか、
はたまた ダメ(失敗)の方向に向かってしまったのかの
見極めが怖いんです、
(塩麹ブームの時も 一切スルーしてました)
ま 経験値が低いせいで判断するデータが足りないのが原因でしょう。
去年は キムチにチャレンジして(塩辛も自分で作って混ぜてみたし)
まあまあ良い出来だったので、
美味しい大根も出回り始めたので今年は べったら漬けに挑んでみる事に、
わが家には 電子ジャーもコタツも無いので、米麹を育てるのに 大変苦労しました、
温度計買っといて良かった(揚げ物用の温度計ですが ちゃんと測れます)
大根の塩漬けは キムチと同じ要領で3日、麹は8時間、
やっと本漬けです、
f0176945_18185712.jpg

麹をかぶせる前の いい感じになってる大根を見て頂きたかったので、
おこぶは乱雑ですが、こんなもんでいいでしょ これからまた長期漬けるんですし、

天日干しにうってつけの時期だし 蕪や大根の美味しい時期だし、
やっぱ盛り上がってしまいます、
f0176945_1828182.jpg

頂いたゆずの皮を 干して 白菜の浅漬けや 赤大根の茎の酢味噌和えなどに
はさみで切ってまぶしてみました。
f0176945_18303837.jpg

(ゆず この形で切ると皮の白い部分がスプーンでコソげ安いので 剥くよりずっと楽です、
f0176945_18325836.jpg

この三種は 干してません、
お出汁や ゆず汁 梅味醂漬け 色んな味付けにしてみました、

これ 酒飲みたまんない 乾燥ゆずを グラスに落としても旨いと思うし、

重石しなきゃなんね~から ベッタラ君 蓋できないんだよ、、、
冷蔵庫開けるたんびに 嬉しいやら何やら、、、、、 嬉しいんだけど。
[PR]
by jinkamakura | 2015-11-13 18:41 | お料理 | Comments(0)

大した事無いんだけど

何故か作った事無かった ハンペンのはさみ揚げ、
私は おでんの具の中でもハンペンは上位に位置付けしてます、
ただ おでんの場合は 大好きな奴ですが、
なにせ こいつ レパートリーが少ない、、、
他の調理で感動した記憶が無いかもしれん、、、
ってな訳で 思いついて 作ってみました、
生肉を詰めると揚げ時間が難しいと思い、中身は予め炒めました、(ちょっとカレー風味です)
ハンペンが油と相性が良い とは 聞いた事もないし、
逆にじっくり出汁が染みる となると、
一瞬揚げが良いのかも、
具を詰めて つなぎ絡めてパン粉まぶして 衣の色だけを目安に揚げてみました、
f0176945_10154967.jpg


またしても 無粋な事 思い浮かんじゃった、
これ 小町通りで売ったら ウケるかも。(中身が餡子ってのもメニューに入れなきゃならないんだったら やらない)w
[PR]
by jinkamakura | 2015-11-10 10:21 | お料理 | Comments(0)

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月

メモ帳

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
髪型・ヘアサロン