鎌倉 美容室 仁


火曜日定休、0467(22)8880留守の場合は 7コールで携帯に転送されます、
by jinkamakura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

奴は意図的なのか!

最近 休日が 相方とカブる、、、
数日前から その日の昼食のリクエストがある。
食材は 自分で買ってくる様 常に言い聞かせてあるので、
面倒な料理でも 材料さえ揃っていれば まぁ  ね、、、

数日前は  ハムサンド でした、
”普通の 駅弁とかのやつ” と申していらっしゃった、
(子供の頃 新幹線で食べた あれ を思い出しつつ
普通 って 逆に難しいもんだな、、、)

材料はちゃんと買ってきていたが、、、、
何だ?このパン サンドイッチ用って、、、
耳 かなり贅沢にそぎ落としてんな~
切った耳って 何処でどうされてるんだろ、
かたや たいそうに包装されて 大そうな出で立ちで、
かたや (豚の餌とかなのかな)、
俺 子供の頃 パンの耳のおやつ好きだったけどな
揚げてお砂糖まぶして ってやつ、

ん~、、今の私のスキルだと
パン粉にしたり、豆腐ハンバーグ系のつなぎとか、
イタリアンなら スティックにして お皿に残ったソースを
こそぐには もってこいの形状だろ~に、
いや カリっとトーストすれば  塩コショウでも バターでも チーズでも
もこみちオイルでも ご馳走だと思うが、

ま さておき

ハムサンドと野菜サンド(トマトとレタス)
たまごとツナは ドッグで、
f0176945_8585020.jpg

盛り付け 気にしてる場合じゃなかったんです、
抑えておかないと 倒れるから、(糊役のマーガリンだって控えたいしね)
(切る前にお皿乗せて落ち着かせてたシーンを 子供の記憶で覚えてて
そーゆー時って 母親のそーゆーの見てた自分の感受性も含めて
この年になって 育て ってのは 一生影響が出るもんだな と 思います。

こちらは 別の日 マカロニグラタンです、
f0176945_901182.jpg


昨日の夜は帰宅が遅かったのですが、
前日から ごぼう を 仕込んでたので
f0176945_92899.jpg

牛肉のゴボウ巻き です、
ゴボウを薄いお出汁で焚いて 一晩寝かせました、
巻いて 煮詰めて この辺は 定番ですね、
本来は 出来上がりを一口サイズに切って盛り付けるのでしょが、
まな板が汚れるのが嫌なので
我が家では このように 最初っから小さめに巻いて
そのまま 皿に盛り付けてます。

この ゴボウを 焚いた汁(灰汁取りは徹底的にしてあるのでクセが無く 美味しいかったので)で
急きょ 鶏ゴボウと生姜の炊き込みご飯も作ってみました、

翌日(今これ書いてる)の朝に握って おにぎり にして
お弁当に持たせてみます。
[PR]
by jinkamakura | 2012-02-24 09:12 | お料理 | Comments(0)

お好み焼き レシピ

お客様からのご要望が多く、
それならば と、正式にレシピを書かせて頂きます。

まず 準備する物ですが、
前日から必要な物があります、4枚用の分量ですが()内は2枚用に計算してます。
薄力粉500g(250)
ベーキングパウダー2g(一つまみ)
お出汁650g(325g)かつお出汁がいいでしょう、
長いも20g×4枚分(多くても美味しいので2枚分でもこれぐらい使ってもいいと思います)
以上を軽く混ぜ合わせ(練ってはいけません、ながいもが馴染む程度)
一晩寝かせます、(ボウルでラップして冷蔵庫、)
牛すじ煮込みは 関西では定番ですが、
これ組み込むと2日前からのプロジェクトになってしまうので、
こんにゃくを濃い目に煮たのとかを
一晩置いたのも いいです、(無くてもいいよ)

さて 本番です、一枚分づつの分量です、
粉(お玉2)
キャベツ(1㎝角を粉と同量 がっしり一つかみぐらい)
キャベツの繋ぎに粉 的な感覚の分量です。
焼き方が上手ければ 程よい触感のキャベツを堪能出来るので、
まず 切りたて でやってみてください、
もし しっとり感が感じられるなら
キャベツの水分を飛ばす為 事前に冷蔵庫で寝かせる方法もあります、、

卵一個
ポテトチップス(青のり系 軽く砕いて半カップ)これは揚げ玉の変則系です。
紅ショウガは お好みで、(先に入れても 後で乗せても)

卵は常温、キャベツは寸前に切る。
空気が入る様 さっくり混ぜ合わせて、
(ここ大事です ベチャっとならない様にね)
十分熱いフライパンに少量の油ひいて、
(豚バラから油出ますから 油少なく)
ホットプレートなら200度
たねを流しこんだら 厚さを均等になる様
かえし(ヘラ)で廻りを整えて(高さ3㎝以上)
中火で4分、の間に豚バラを敷いて 返します、
周りを寄せて(厚さ3~4㎝の維持と淵を包む感じで)
蓋をして火少し弱めて5分。その間触らないからね
蓋を取って 返して 2分(少し強火で水分飛ばす)
ここで ソースやマヨを一面に塗って、
(少しソースがはみ出して ジューっていうのを忘れずに)

お皿に移して 鰹節 マヨ からし をお好みで

各ご家庭のフライパンやホットプレートの火加減が難しいので、
ここは 理想の仕上がりと 注意事項だけ理解しおいて
工夫してみてください、

まず
○キャベツを美味しく食べる のがお好み焼きでもある、
○焼いてる工程で 絶対に押してはいけません、
○豚バラほ敷く際 油身部分が均等になる様
○様子を見る度 蓋を取ると水分が落ちるので
時間をタイマーで測って余計な時に蓋を開けない、
○寝かせた粉は 静かに出して、上澄みが多ければ捨てる、
○油は少なく 火加減は小まめに調節
(反す寸前に強火にして 返したら火加減を戻す)
鉄板ならでは を フライパンで再現するんですから、
○ソースは おたふく、無ければ作りましょう、
※ソース、砂糖、(好みの隠し味で 醤油 お出汁)
軽く煮詰めて 冷ます、(冷ますの大事)

まずは 基本の ブタたまを習得して下さい、
エビやイカ などはレベル2からです。
(サイの目に切ったお餅やネギなんかも アレンジで有です)
ソースの作り方も オプションによって作り方違いますから。
また 次回にでも、、、

以上 お役に立てれば
[PR]
by jinkamakura | 2012-02-17 14:28 | お料理 | Comments(0)

安い食材で

値段の高い食材って、
値段設定の事情を知ったら
ムカツク ってのが ほとんど で。
輸入ものでトラブルが起きる度に
国産を見直す傾向がありますが、
国産に問題があると 今度は 輸入ってか!
私は 元々鮮度ぐらいしか気にしないので、
お魚も 未熟な知識を元に選んでるだけで
気にせず購入してます。

フレンチなんかで スズキのなんたらって
そんなイメージがあったので、
白身なら なんでもいいか ってな
そんな 軽いもんです 私の食材選びは、

ってなわけで
f0176945_213738.jpg

鱈 です、(売って無いって事は、今はスズキの旬じゃないのか?)
いや魚の旬とかって サンマか鰹ぐらいしか知らないし、、、

塩 胡椒 香草 で 放置後 オリーブオイルでカリっと、
ソースは 粒マスタードに色々と
バルサミコを煮詰めたのにジャムと色々の二種、
トマトとわさび菜のワインビネガーその他和えを添えて、

野菜スープは ご覧の様に 例の鍋で
(この鍋 ほんと 便利です)
f0176945_2372458.jpg


鱈の出来栄えが 理想以上にふわふわ だから
お箸でよかったんですが、
構想してた時点で ナイフとフォークの似合う洋風お魚料理 だったので、
(これって イタリアンになるのかな)

鱈はクセが無いので 焼き加減も下味もナイーブな素材です。
また使いたい食材になりました。

f0176945_2331159.jpg

これは お弁当用の いつもの出汁巻き卵、
鍋に慣れて 程よい焦げを扱える様になってきたので、
最近テレビ見ながらでも いい感じに焼ける様になりました。
出汁がジュワーっとくるんっすよw(実は自分で食べた事無いんだけど、
女房が そう言うから そうなのかな って、、、)
※卵(常温)2個 出汁汁/大匙6 三温糖/小さじ1。
ね シンプル極まり無いっしょ?
焼きの技術が9割 な 典型的な料理と言えよう、、、、w
奴の過度なリアクション見てると
女性 口説くのに この出汁巻き 使える気がしてくるんだけど、
これ持って歩きまわる訳にもいかんしな~、、、
(待て! チョウシニ ノッテハ イカン コロガセレテル コトヲ ワスレルナ!)
[PR]
by jinkamakura | 2012-02-01 02:37 | お料理 | Comments(0)

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月

メモ帳

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
髪型・ヘアサロン