鎌倉 美容室 仁


火曜日定休、0467(22)8880留守の場合は 7コールで携帯に転送されます、
by jinkamakura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

イクメン

デニム(ジーパンともいいます)の話です。
実は この話を書いていたら マニアックな方向にも走ってしまい、
長文になってしまったので、一度全削除、
早い話が、 デニム(¥14000)9年かけて育てます。
f0176945_211647100.jpg

左12年、真ん中9年、右 昨日届いた新品。
全て同じ LIVI'S 502です
この歳で インチを下げるってのは かなりの 追い込みですが、
先に書いてます様 長く付き合えば12年、
普通なら 先を考えて現状か ひとつインチを上げるか、なのかもしれませんが、
好きな服を着たいなら それに似合った体形を維持する努力も必要だと、
思い切って インチ下げてみました。

サイズを変えると 本来のデザインの良さも変わってしまい、
私は このLIVI`Sの502は 29~28インチが一番恰好いいと思ってるので、
この先 もっとオッサン(おじいさん)になっても これを履きこなせるよう 体形だけで無く、
色んな事 沢山ひっくるめて  ”老けない様”テンションを維持する為にも
実際 毎日履いてるデニムなら、毎日体重計に乗るのと同じで、
ハッキリ 訴えてきますから、自分に厳しくするには いい相棒です。

最近では ひげ(横に入った白いスジの様な)などや ダメージなど
デザインとして 人工的に入ったものが商品化されてますが、

ここで テーマの イクメン ですが、
明日から この子を育てます、
リンスカラーと言って 一切の加工もウオッシュもしていない状態から
数年履き込んで 自然なダメージ跡を浸ける、
決して 意図的じゃ無く 普段の生活のなかでの 自然な動きによって出来る皺こそが、、、
イカン、、、アツクナッテシマウ、、、。

ま 面白いっしょ、この三本見比べて、 左の子をこれから数年かけて育てると思うと、、、、
[PR]
# by jinkamakura | 2017-07-22 22:05 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

柄にも無く

どの部類? と 尋ねられた場合、
理系 文系 体育会系 オタク と、色々ありますよね、
面倒臭いので 手っ取り早く表現したいもんです、
私は そういう場合 面倒臭いが半分 ウケ半分 で、
「俺 ヘビメタ」 とプロフィールしちゃってます。
(どういうイメージで取られるかは お任せしてますが)
この一言で済むって 結構 楽チンですw

他の方々の(俺ヘビメタ)さんの私生活は知りませんが、
私に関しては 一般的なイメージとは えらく違い、

家で 音楽を聴く際 ヘッドホンです、
スピーカーで大音量などあり得ませんし、
ギターをアンプに繋いで音を出すなど 一切ありません。
意味も無く 頭とか振りませんし、
写真撮る時 舌出しませんし、
無意味に大きな声出しませんし、

所持してるCDの数百枚は 殆どメタル系かもしれませんが、
たまに 深夜に 聞きたくなったりするのは TOTOだったりします。

で(って話繋がってませんけど)
植物と異常に相性の悪いことを 自覚してる自分ですが、
気の迷いで つい(売り物にならなくなった蕪みたいなやつ ご自由にお持ち下さいのやつ)
こいつの為に 鉢と土買って、
f0176945_2343887.jpg

出かける時に カーテン少し開けて、 とかって、、、
全然 柄じゃね~し!!

仁にも これ ありますが、 実は 開店祝いから三代目でして、
かまったら 枯れるし ほったらかしても枯れるし、
一体 何をして欲しいんだか、聞いてみたいもんだ、
もう 諦めて 枯れたら買い替える習慣になってます。
[PR]
# by jinkamakura | 2017-07-16 23:12 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

思わぬ出会い

仁の隣で始めた整体の先生に頂いた 青竹踏み。
挨拶で と言ってたけど 仕事柄なのか?
例えると 仕事柄だからと言って ロールブラシあげるみたいなもん?

実は 見た瞬間 一目惚れ、
f0176945_18225286.jpg

これが 青竹踏みでしょ? 違う そうじゃ無い、 こっち!
f0176945_18235710.jpg

裏見て 一目惚れ だったんです。
そう 器ですよ、 最高っしょw こんなん欲しかったんです、
(と 言いつつ 盛り付けるイメージが 最初は そうめん か お造り ぐらいしか思いつかなかったんだけど)

あまりに 気に入ったので もう一個は 買いました、
これ お正月に 絶対使いたい、 何を盛り付けようか 考えるのも楽しい。

f0176945_19283380.jpg

見て下さい 偶然 一対だった こいつは縁起いいw
[PR]
# by jinkamakura | 2017-07-14 19:25 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

遊園地

普段行かない大きなスーパーに行くと、ついやってしまいます。 爆買い。
爆はちょっと大袈裟ですが、
この季節 冷凍保存を強いられる食材もあり、
冷凍庫を開ける度に冷気が逃げるのを極力抑えたい のもあって、
冷凍庫を出来るだけパンパンにしておく必要もあり、

ゴチャゴチャ言ってますが、ワクワクして つい 色々買ってしまった訳です。

f0176945_17433584.jpg

鰹は新鮮なのを 叩きで食べるのが最高なんでしょうが、
既にスーパーレベルですから、漬けにしてみます、
鶏モモも 塩胡椒で(この際 キッチンペーパーの千切ったのを端に置いて 出た水分を吸ってもらいます)
後日パリっと焼く予定です。
豚テキ用の厚い肉は 叩いて切れ目入れて(一枚は豚テキ)他は冷凍。
酢豚用に 蜂蜜やら何やらで揉み込んで、一晩寝かせたら 冷凍。
枝豆は 茹でてから冷凍、(女房しか食べないので、自然解凍の仕方は教えてあります)
ホッケ、開いて御覧の様に、
f0176945_17575290.jpg

干してやった。
(これは焼く寸前のグリルパンの上ですが、干す時は網に乗せ 頻繁に洗濯物をずらして、
きっと本人(ほっけ)もここまでしてくれたなら本望でしょう。
勿論 大根も買ってきてる。

f0176945_17593079.jpg

水菜とお揚げのお浸し(お揚げさんは 見た目と違ってしっかり味付けしてます)
あたりめ とか 裂きイカなんかを水でふやかしてから しっかり味を付けて炊いて トッピングとか、
冷やして そうめんでも 蕎麦でも 緩く卵でとじて 丼ぶりにしても、
他にも 水キムチとか ミルフィーユ豚カツ なんかも仕込んでみました。

私にとっては 休日の台所は 遊園地並みの他の楽しみ方です、
[PR]
# by jinkamakura | 2017-07-14 18:14 | お料理 | Comments(0)

物凄いやっつけが たまたま美味しい

ピザやパスタ(パスタの場合は 味も限定です)など、
無性に食べたくなる時があります。
ラーメン、カレーなんかもそうです。
パスタに関しては 私がパスタ好きなので ソース各種は冷凍で常備してますが、
ピザの場合はソースはあっても 生地が、、、
なのですが、生地も即席で作っちゃいます。(所要時間2~5分)
粉混ぜて(豆乳とか牛乳なんかあれば使います)グリルパンに広げて軽く焼いて、
ソースと具を乗せて再度焼く、
f0176945_17285918.jpg

(今回はトマトソースでは無くミートソースなので、野菜も沢山入ってるので このままでも十分です)
お見せするほどの物では無いのは承知してますが、
この様に簡単に出来て 結構美味しい、高い金出してデリバリーするのもひとつのイベント的な楽しさですが、
何か今すぐ食べたい、ってリクエストに 「7分お待ちを!」って言える奴隷って素敵じゃんw
※我が家のピザは基本四角です、御覧の様に 効率的です。

もう一つのやっつけ、冷やし中華。
f0176945_17362879.jpg

麺は糖質ゼロで食物繊維豊富と書いてある もどき麺、
こんにゃく なんかででも よくありますが、色々試してみてます、
上に乗ってる具材は 全て 帰宅後に作ってます、
鶏胸肉は45分
インゲンもワカメも炒り卵も たけのこも 胸肉の45分の間に余裕です「。
(卵に関しては 錦糸卵よりスクランブルエッグ的なのを所望されてるので)
たけのこ は 水煮を 味付けして焚いて冷ます、
ワカメは 乾燥ワカメをお酢で戻して そのままピリ辛に味付けして冷蔵庫、
インゲンは湯がいて冷水、そんで和える、
冷やし中華の要 のタレは 醤油 梅酢 砂糖 胡麻 ラー油 出汁 胡麻、混ぜるだけ、
他の具材の準備も出来たら、シャワーも浴びれる、
余裕があったので ピーナッツも擦れる。
自分で言うのもなんですけど、
見た目は それっぽく見える一品ですが、
45分集中して作った やっつけ料理です、

作業中 (え? え?っ)ってなる事、 私は それが凄く嫌いで、
臨機応変を強いられた場合も それこそ 本領発揮、
グズグズとかモタモタとかダラダラとか、大っ嫌いな性格なものですので、
作業に取り掛かる時は シミレーションを固めてから 自分に(はい スタート!)って 言ってる感じです。
一か八かってのは 無いです、運は実力では無いですから、
勿論 本業こそ それが発揮します、
出来上がりの感じをまず決めたら、作戦と段取りを決めて(数秒です)
てを動かし始めた時は 仕上がりまでの作戦が全て決まっている と言う状態です。

話は変わって
f0176945_184975.jpg

自転車のタイヤです、右が前 左が後ろ、
チューブも一緒に交換しました、が。
よくこんなもんで走ってたな、と思うほど 擦り減ってました。
空気入れも新しいのを購入し(圧の調節が出来るタイプで)

空気圧を高くすると、走りは快適、ですが、
乗り心地は悪い(タイヤが固い分 振動が和らがない)
路面が濡れてるとブレーキが利きにくい、(タイヤの接地面積が少ないので)
タイヤの溝の模様は 水履けの為なのですが、正直 全く影響は無い、ただの飾り。

これも消耗部品、 定期的に交換する事が当たり前だと思えば、
ブレーキシューも含め、当たり前の支出だとは思いますが、

何だかんだ お金かかる子だな~、、、、
[PR]
# by jinkamakura | 2017-06-20 20:14 | お料理 | Comments(0)

台所は地獄絵図 つづき

f0176945_14595080.jpg

f0176945_1501886.jpg

f0176945_1504665.jpg

f0176945_151062.jpg

f0176945_1511720.jpg

f0176945_1513192.jpg

まだまだ ほんの一部です、
レンコンやじゃがいも は 色が悪くなりそうだったので 当日の朝に準備して、
ソーセージ、ハンペン、ししとう、ちくわ、アスパラ巻、、、
f0176945_1544694.jpg

f0176945_155370.jpg

f0176945_1551833.jpg


ただひたすら 揚げる だけ、
衣とパン粉の作業は面倒臭いけど、(衣は炭酸水で溶きます、パン粉は極細かく叩きます)

揚げ色がムラなのは 油の鍋を2つ同時に使用した為で、温度に差が出来てしまい。
(そうじゃないと 間に合いませんから)

今回 一番力を入れたのが  ソースです。
市販のウスターソースは使用しますが、他に お出汁、ザラメ、醤油、はちみつ、シナモン、ワイン、
ひと煮立ちさせて 一晩寝かせます。
味見の基本は キャベツを浸して食べて、丁度いい感じ ってのを基準にするのがコツです

やはり トマトは後半にとっておいて正解でした、
揚げてる私が 油酔いしてるほどなので  このまま生で出してあげたら 一瞬で無くなりました。

そして、、、
洗い物は途中でもしたのですが、全部食べ終わって 皆が帰った後の最後の洗い物と、
揚げ物(鍋2つですし)衣やパン粉廻り、 まさに 地獄絵図!
写真撮ってやろうかと思いましたが、

そして 2日ほど 油の臭いが消えません、(どうなのかな 鼻が慣れたのかも まだ臭いしてるのかも)

さて 洗い物をしてて思ったのですが、
この 竹串の量 ハンパ無いんです、100本ほどあります。
取りあえず しっかり洗って 干してみた、(まだ 半信半疑です)
綺麗になって改めてその量を見てたら、 やはり性なんですな、、
ケース捨てないで良かった、 仕舞っちゃったよw
また出番あるっしょ、(って想像したら お盆が浮かんだ、解る人も少ないかもしれない)
[PR]
# by jinkamakura | 2017-06-13 15:35 | お料理 | Comments(0)

みんなが帰ったあとの台所が 地獄絵図に、、、

ネタさえ前日に仕込んでおけば あとは ひたすら 揚げるだけ、
揚ったらどんどんテーブルに出せば、、、、、

ま、楽かもしれんな、、、と
そんで ネタのリスト書いてるうちに、どんどん増えちゃって。
冷蔵庫がパンパン、バットも足りず スーパーのトレイは勿論、レジ袋まで登場する始末。

毎度の事ですが、
段取りは(買い出しの段階から 仕込み 本番の手順まで) 段取り表を綿密に書いておいて、
それに沿って事を進められる様しています。

※本職も同じですが 段取りは最初に頭の中で組み立てます、
(完成のイメージが決まったら 段取りは数秒で決まります)
臨機黄変や計画変更なども 同時に想定します、
その瞬間がこれまた楽しく ワクワクするんですよ。

まずは 担々麺、から。
実は 私は担々麺を食べた事が無い(と思う)
女房が食べてるカップラーメンのスープを味見した事があったかもしれない、
レシピ見てたら 味は想像つくし、出汁さえしっかりしてれば転んでも不味くないし、
肉味噌は得意だし、、、
まずは これから
f0176945_6205496.jpg

冷やし担々麺にしてみました。
スープの隠し味にピーナッツバター、ぐらいで あとはベタ、
鶏出汁、豆乳、白味噌、ピーナッツと胡麻(白黒)の擦ったやつ、

肉味噌は 搾菜、椎茸の軸、生姜、ねぎ、赤味噌、豆板醤、山椒、ナス、
トッピングも全て前もって作ってあるので、
本番は麺を茹でるだけ、
冷やしってとこも、温めなくてもいい って効率的に考えての策でした。
(味付け卵は 切って中のトロトロ具合をドヤ顔で見せるんでしょうが、
包丁とまな板が汚れるので 私は嫌です)
[PR]
# by jinkamakura | 2017-06-13 08:06 | お料理 | Comments(0)

あまり縁の無い事かもしれませんが

通勤に使ってる自転車ですが、
もう3年も過ぎ 細かい部品の交換はしてましたが、
いよいよ タイヤ自体の交換が必要になりそうです、
ま 自転車って そんなもんなんですよ、
タイヤの寿命も(頻度によりますが)毎日一時間 って考えたら、3年で交換。
ブレーキシュー(ゴムのパット部分)も、 勿論チューブも 虫も、
パンクの修理は前後合わせて6か所、
アシストの場合車重が普通の自転車に比べ 倍近くあるので
劣化も早いのです。

タイヤ交換とか 劣化する部品の交換なんて、
普通の自転車では あまり意識しなくてもよかったりしますよね、
タイヤの形状によって 走り具合や乗り心地、路面が濡れてる時とか ブレーキの利き具合とか。
地面に接している唯一の(しかも ほんの数センチの部分)なので 結構ナイーブなんです。

自転車を愛用してる皆さん、
乗り心地いかがですか? 気になる所 あったりしませんか?
もしかしたら ちょっとした部品の交換や、ネジの調節だけで
快適になるかもしれません、
それが100円で済む事もあったりします。
(現に スタンドの不都合(致命的)を 原価20円+接着剤で 解消してますし)

私は今 安物の折り畳み傘の修理に 挑んでおります、
骨とか折れますよね どうにもならんし 買ったほうが安いし、
でも たった1か所 ほんの一部 繋ぐ事が出来たら、と思うと。

f0176945_23211898.jpg

私の猫では無く ネットでは有名な画像で、
一度捕まると いつまでも眺めてしまう、、、、、
[PR]
# by jinkamakura | 2017-06-07 23:23 | ぬる~い雑談 | Comments(0)

肉より こんにゃく の方が手間かかる

牛すじの煮込み。
下拵えこそ 面倒臭いかもしれませんが、 後半は 煮込み(放置)なので、
大根も厚めの銀杏切りの場合は下茹でしなくても 全く問題無い との事なので
すじ肉の下処理さえきちんとしておけば あとは 鍋にブっこむだけ、
味付けも 砂糖と醤油が基本ですし、

ただ  こんにゃく が、、、

こいつの方が 下拵えが面倒くさい、
f0176945_23112967.jpg
塩揉みして 一晩、 茹でこぼして こんな感じ(切れ目入れまくり~の ローリエで臭み消し)
今回の様に 灰汁や臭みを取る為に関しては 火を止めて余熱という訳にはいかないので、
(それでも お湯 ケチってますね~w)
この後 こんにゃくだけ 味付けして煮込みます(冷めたら冷蔵庫、翌日また煮込む それでまた冷蔵庫)

鍋料理の場合 これからの季節は 粗熱が取れるのを待つ間も 痛む可能性があります(温度だけの問題では無く雑菌も多いので)
粗熱が取れるまで待てなければ 水に漬けて冷ますそんで即 冷蔵庫。
(お正月でさえ 筑前煮が逝ったほど マンションは暖かいんです、)
それもあって ぬか漬け 手を出さないんですよ。


[PR]
# by jinkamakura | 2017-05-29 23:21 | お料理 | Comments(0)

この時期に キムチ?

落し蓋、(100均で買った ステンレス製で 蒸し料理の際 鍋の底に置いて使うやつの足をペンチで取って持ち手を付けた 手作り)
ジプロック(って書いちゃいけないのかな)を使って 真空とか漬け込みとか、、、
炊飯専用 土鍋、
漬物石。
逆に こいつらが使いたくて 何作ってやろうか 考えたりする時が良くあります。
お気に入りのアイテムですね、

漬物石に関しては 休ませる暇が勿体無い、常に何か仕事をしててもらいたい、

な 訳で、
白菜に乗って(これは塩です)
大根 ニンジンに乗って(砂糖です)
そんで まとめて水抜きで乗って、
石は掛け持ち出来ないので 3日かかりますが、
醗酵も歓迎なので 気長な下拵えです、

さて 面子が揃って
f0176945_18100723.jpg
大根 ニンジン 白菜 ニラ 生姜 にんにく。
リンゴ 蜂蜜 砂糖 出汁 塩辛 刻み昆布 柚子皮。
唐辛子は少な目で 旨味と甘みを重視しました、
姪を意識した仕様です。
f0176945_18170540.jpg
では しばらく 頑張って美味しくなって下さい。



 

[PR]
# by jinkamakura | 2017-05-28 21:25 | お料理 | Comments(0)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月

メモ帳

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
髪型・ヘアサロン